50代からの美容・健康の悩み改善に役立つ商品と体験談を紹介しているブログです

八福|50代女性のお役立ちブログ

健康

骨粗しょう症予防!50歳を過ぎたら検査が必要な理由とは?

更新日:


DSC_0044 / hetgallery

女性の場合、50代になると急激に骨折しやすくなるとか。そんな話を聞くと心穏やかではいられませんね。

年齢を重ねることにより、骨がもろくなるリスクは高くなっていくそうです。

骨の健康を維持して骨粗しょう症を予防するには、どうしたらよいのか調べてみました。



骨粗しょう症を予防するには、まず検査

骨の健康は「骨量」という骨に含まれるミネラル成分の量と「骨の質」の2つで決まります。

骨の強さ一番のピークは10~20代。その後は、だんだん弱くなります。

そして、特に注意する必要があるのが閉経前後の50代。

女性ホルモンのエストロゲンは骨を強くする働きがあるのですが、
閉経してエストロゲンが出なくなることによって骨が急激にもろくなるのです。

骨密度が低下して、骨が軽石のようにスカスカの状態になることもあります。

こうなると、ちょっと転んだだけでも骨折するというケースもでてきます。

骨粗しょう症は知らないうちに症状が進行することがほとんどです。
なので、発見しづらいという問題点があります。

高齢者に多い症状というイメージがあるため、
まだ若いから検査をする必要はないと思っている人も多いのではないでしょうか。

予防するには早めに発見することが大切です。

50代になったら定期的に骨密度測定を受けて、自分の骨の状態を確認しておきましょう。

自分の骨がもろくなっているかどうかを知るには、骨密度検査という方法があります。

多くの自治体で、40、45、50、55、60、65、70歳の女性を対象にした骨粗しょう症検診を実施しているそうです。

対象年齢の人には郵送でお知らせが送られる場合もあるので、その年齢の時に申し込むのもよいと思います。

その他には、

・定期的な健康診断を受ける時に合わせて申し込む
・近くの病院やかかりつけ医で測定してもらう

という方法もあります。

骨粗しょう症予防のポイントは食事と運動

骨のもとになるカルシウムを十分に摂取することは重要です。

しかし、毎日牛乳を飲んでいるから大丈夫というわけではありません。

バランスのとれた食事を摂ることが大切です。

また、じっと動かずにいると骨は劣化してくるといわれています。

激しい運動をする必要はありません。

ウォーキングやストレッチなど適度な運動で大丈夫です。

大切なのは、少しの時間でもいいので毎日続けることです。

骨粗しょう症予防まとめ

数年前に、保健センターから骨密度検診のお知らせが
郵送されてきたので検査を受けました。

その時の数値は標準値だったので安心していたのですが。

実は、1回、骨密度測定を受けて大丈夫でも、
数年後には骨粗しょう症のレベルまで骨が減ってしまうことも
あるそうです。

定期的に検査を受けることが大事なんですね。

骨密度検査のお知らせは5年ごとに郵送されるので、
次回もきちんと検査を受けたいと思っています。

今回、女性ホルモンが病気の防ぐために重要な働きをしていることを知りました。

正直言って、女性ホルモンの減少によるデメリットといえば、
肌のハリやツヤなど美容に関する影響にばかりだと思っていました。

改めて、女性ホルモン、エストロゲンの働きについて書いてみます。

・肌の潤いを保つ
・髪をツヤツヤにする
・気持ちを明るくする
・記憶力を高める
・骨を強くする
・血管を強くする
・善玉コレステロールを増やし、悪玉を減らす
・代謝を促す、肥満を予防する

ちなみに、骨密度を高める働きのある
MBP配合唯一のトクホ飲料というのがあるそうです。

新聞の折り込みチラシでみて気になっています。

毎日バランスのとれた食事をとるのは難しいので、
トクホ飲料で不足する分を効率よく補うのもいいかもしれません。

関連記事
大豆イソフラボンとエクオールの違いは何?成分や効果について紹介
女性は更年期になるとLDLコレステロールが上がるのはなぜ?原因と対策は?

[PR]


-健康
-,

Copyright© 八福|50代女性のお役立ちブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.