50代からの美容・健康の悩み改善に役立つ商品と体験談を紹介しているブログです

八福|50代女性のお役立ちブログ

暮らし

ローリングストック法とは?賞味期限切れの心配をしないで非常食を備蓄する方法

更新日:

サバ缶

賞味期限が長いからと購入した非常食、賞味期限を把握していますか?

気が付いたら消費期限が大幅に過ぎていて全て捨ててしまった…

という失敗をしてしまう人は意外と多いものです。

今回は、賞味期限切れの心配がないローリングストック法について紹介します。



ローリングストック法とは

いつも食べている食品を少し多めに買っておき、食べた分を買い足すだけという方法です。

はじめに使うぶんより余分に食料を買います。

あとは、使い切る前に足しては使い、足しては使うことを繰り返すのです。

食べた分を買い足していくので、よくある非常食の賞味期限切れの心配がありません。

普段の食事がそのまま非常時の食事にもなります。

いざという時にも日常生活に近い食生活を送ることができるのがメリットです。

【ローリングストック法のポイント】
①古いものから使うこと
②使った分は必ず補充すること

ローリングストック向きの食品

備えておく食品は普段使いの食品であることがポイントです。

非常時は、精神的な負担が大きいもの。

日頃から食べ慣れている食品のほうが落ち着きます。

基本的に何でもOKですが、レトルト食品と缶詰は常備しておくとよいでしょう。

【缶詰がオススメの理由】
・保存性がよい
・調理せずに食べられる
・栄養価が高い
・おいしい

缶詰は、魚、豆類、野菜などの水煮やオイル漬け、調味済みのもの、

果物のシロップ漬けやデザートまで種類が豊富です。

お気に入りの1品があれば、非常時の安心となるでしょう。

【レトルト食品がオススメの理由】
災害時は、野菜不足も予想されます。

調理せずに野菜が食べられるレトルト食品は常備しておくとよいでしょう。

野菜たっぷりのスープがあれば栄養の偏りを防ぐのに役立ちます。

ほかにも、フリーズドライ食品など、いろいろな食品があります。

災害時は火を使えないことが多いので「常温でもおいしいもの」を選びましょう。

【心身ともに不安定なときこそ「おいしさ」が大切】

おいしい食べ物には安心感をもたらす作用があります。

また、甘いものは貴重なエネルギー源にもなります。

羊羹など「おやつ」もローリングストックしておきましょう。

賞味期限切れの水の活用方法は?

先日、備蓄用のペットボトル水のことを思い出してチェックしてみたら、あわや賞味期限切れになるところでした。

飲み水として使うかどうか迷ったのですが、不安だったので生活用水として使いました。

賞味期限切れのペットボトル水は、お風呂・トイレ・洗濯・植木の水やり・掃除など活用方法はたくさんあります。

無駄なく使い切りたいですね。

ただ、これが食品だったら毎日同じものを食べ続けるはめになっていたところなので気をつけないといけませんね。

ローリングストック法は、特別に備蓄食を買う必要がないのが魅力です。

スーパーで売り出しの時を利用して、非常食を少しずつ買い足していけたらいいなと思っています。

関連記事
ペットボトル水の賞味期限切れ!未開封なら大丈夫?

参考サイト:tokusuru-bosai.jp

[PR]


-暮らし
-, ,

Copyright© 八福|50代女性のお役立ちブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.