50代からの美容・健康の悩み改善に役立つ商品と体験談を紹介しているブログです

八福|50代女性のお役立ちブログ

健康

原因不明の足の痛み!症状から分かる病気とは?

更新日:

原因不明の足の痛みが1週間続きました。

現在、痛みはなくなりましたが、何が原因なのか分からず心配でなりませんでした。

この記事では、原因不明の足の痛みという症状から、どんな病気が考えられるのか?調べたことを紹介します。



原因不明の足の痛みは病気なのか?

検査では異常が出ない「原因不明の痛み」が特徴の病気に
「線維筋痛症」があります。

命に関わる病気ではありません。

しかし、痛みのために日常生活や社会生活に支障が出るほどに
なる場合もあるというのは、恐いですね。

「生活の質」が大きく落ちてしまいます。

中高年の女性に多いといわれています。

私の場合も、これに当てはまるのでしょうか?

効果的な治療法・改善法を探して見たのですが、分かりませんでした。

原因不明の足の痛み、1週間続いた症状

私の場合、最初、中腰になったときに左側の腰に
針で刺したような鋭い痛みを感じました。

ぎっくり腰を疑ったのですが…。

安静にしていたら腰の痛みは、その日のうちにおさまりました。

そのかわりといってはなんですが、

今度は太腿、そして膝下(ふくらはぎ)へと、痛む部分が下に移動。

夜、布団に入ってからも痛みは続きます。

寝返りをうって体の向きを変えても痛みは治まらず、ほとんど寝られない状態でした。

いつもは5分もあれば爆睡する性質なので、辛かったですね。

2日目の朝になっても痛みはおさまりません。
家事に支障をきたすため、市販の鎮痛剤(ロキソニン)を服用しました。

クスリのおかげで日中、痛みもなく普通に過ごすことができました。

本当に原因に思い当たるところはないだけに不安な気持ちでいっぱいです。

安静にしていれば治るのではないかと思って、病院に行かずに
そのまま自宅で様子をみることにしました。

念のため、就寝前にロキソニンを服用。

3日目。起床時は痛みがなく治ったかと思いましたが。
昼になって、痛みがぶり返したため、鎮痛剤を服用。

連日の服用は良くないなと思ったので夜は飲みませんでした。
幸い、痛みはおさまったままで無事眠ることができました。

4日目。痛みを感じる時間が短くなってきました。
ここ数日は、歩くのも不自由。

痛みのため左足を引きずることもあったのですが、それもなくなりました。

休んでいた庭の草取りも出来るように。

ただ、ときおり、フッと思い出したように痛みがでてきます。
鎮痛剤は飲まないですませることができました。

5日目。昨日と同様、痛む時間は短くなってきました。
このまま、おさまってくれそうな予感がします。

6日目。朝、激痛で30分動けないという事態に。
その後、回復しましたが今度は足にしびれがでてきました。
夜、痛みで寝られないのが恐くてロキソニンを服用。

7日目。微妙に痛むときがあります。足にしびれ。痛み止めは飲みませんでした。

8日目。こんどこそ、本当に終息したようです。足のしびれと痛みがなくなりました。

原因不明の足の痛み、このまま続いたら病院に行って診てもらわないといけないのかな…。

もし大きな病気だったらどうしよう…、そんな不安を抱えていただけに、ホッとしました。

原因が分からないまま、今回は終息を迎える気配ですが、再発しないことを祈るのみですね。

鎮痛剤に助けられた今週一週間でした。

原因不明の足の痛みは坐骨神経痛?

一般に、腰痛と足のしびれ・痛みを併発する症状は、坐骨神経痛と呼ばれています。

症状は、腰痛で始まり、次に、お尻や太ももの後面、
すね、ふくらはぎ、足先などにしびれや痛みが起こるとか。

今回の私の症状にピッタリ当てはまります。

坐骨神経痛は、若い人では腰椎椎間板ヘルニア、
高齢になると腰部脊柱管狭窄症が原因で起こることが多いとか。

改善するには、まず病院で診察を受ける必要があります。

原因をはっきりさせることが治療の第一歩なんですね。

ただ、病院で診てもらっても、原因がよくわからない坐骨神経痛というのもあるそうです。

慢性の腰痛みたいなものらしいですね。

この場合は、生活習慣の見直しやストレッチなどで予防・改善を目指すという事になります。

調べてみると、坐骨神経痛を発症する要因のひとつとして、腰・下肢の冷えがあるそうです。

夏でも靴下を履くなど保温を心がけ、日常的に下半身を冷やさないことが大事だということです。

片座りなど日頃の姿勢を改善することも予防・改善につながるそうです。

原因不明の足の痛み まとめ

今回、症状が治まったので、病院で診察を受ける予定はありません。

ただ、今後も同じ症状がでてくる可能性は高いかな?とは思っています。

自己判断で坐骨神経痛だろうと判断することはよくないとは思っていますが…。

・正しい姿勢で椅子に座ること
・下半身を冷やさないこと
・ストレッチ

当面は、この3つを実践して予防していきたいですね。

[PR]


-健康
-, ,

Copyright© 八福|50代女性のお役立ちブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.