50代からの美容・健康の悩み改善に役立つ商品と体験談を紹介しているブログです

八福|50代女性のお役立ちブログ

健康

坐骨神経痛の改善ストレッチとツボマッサージを動画で試してみる

更新日:

kosi
坐骨神経痛と思われる痛み・しびれが出てから治まるまで約10日間かかりました。

この記事の続きです。⇒ 原因不明の足の痛み。腰痛との関係は?もしかして坐骨神経痛?

一体、あの痛みは何だったの?という感じで、現在は普通に家の中をバタバタと動き回っています。

とはいえ、2週間経った今でも、フッと足にしびれや違和感を生じるときがあるのが怖いですね~。油断できません。

坐骨神経痛を改善するストレッチを試してみる

坐骨神経痛を改善するストレッチをネットで探して見ると整体院、整骨院、などのサイトや動画がたくさん見つかったので情報収集もかねて上から順番にみていきました。

とりあえず、椅子に座るストレッチ方法は、思いついたときに、手軽にさっと出来るので毎日の習慣にしようかと思っています。

方法を書いておきます。

1.椅子に座り右の足をあぐらをかくように左の膝に載せます。この時、出来るだけ背筋は伸ばしておきます。

2.息を吐きながら体を前に倒していきます。お尻の筋肉が引っ張られる感じがでるまでたおしましょう。そのまま30秒キープし、反対サイドもおこないます。

ストレッチは、坐骨神経痛の原因そのものを改善する効果はないそうです。

でも、慢性的な痛みによって硬くなり、血流が悪くなった筋肉をほぐし、血流を良くすることで、二次的な痛み予防効果があるということですから、取り入れたい方法ではありますね。

また、坐骨神経痛を改善する方法としては、

なるべく重いものをもたない
長時間同じ姿勢をとらない
激しい運動はさける
肥満しているようであれば減量する
安静にしている
腰周辺の筋力をつける

などがあることが分かりました。

やはり、「腰周辺の筋力をつける」ことを目指して毎日の生活にストレッチを取り入れていきたいなと思っています。

こういう方法で改善していくのもよいかもしれませんね。
 ↓ ↓

坐骨神経痛のツボ

坐骨神経痛に効くツボは手や足などにたくさんあります。その中から自分で試してみたいものを3つピックアップしました。

◆坐骨点(ざこつてん)

お尻と足の付け根の境目、お尻のでっぱりの1番高い所の左右にあります。即効性がありかなり効くと言われています。

押し方は、握りこぶしを作りその上からお尻を乗せるだけ。手が痛いと感じる人はゴルフボールを使用するのもオススメです。

◆委中(いちゅう)

ひざ裏のしわが出来る真ん中あたりにあります。

強すぎず気持ちいい程度にゆっくり7回3セット位を繰り返し押すようにします。

◆湧泉(ゆうせん)

足の裏の土踏まずのやや上の中央辺りで、足の指を曲げた時にへこむところにあります。

湧泉は、血液の循環が良くなり内臓機能が高まるので、坐骨神経痛のほかにも体全体を元気にする万能のツボといわれています。

両手の親指の先を使って強く押し揉み、3秒間隔で押したり弛めたりを交互におこないます。回数は湧泉が温かくなるまで繰り返し行いましょう。

坐骨神経痛の痛みのストレスは想像以上に大きいもの。ストレッチとツボ押しで対応していこうと思っています。

[PR]


-健康
-, ,

Copyright© 八福|50代女性のお役立ちブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.