50代からの美容・健康の悩み改善に役立つ商品と体験談を紹介しているブログです

八福|50代女性のお役立ちブログ

暮らし

障子紙のはがし方!簡単にはがして張り替えを楽にするコツは?

更新日:

障子紙

障子を張り替えるとき、バリバリと乱暴にはがしてしまうことはありませんか?

しかし、はがし方が汚いと新しい障子紙がきれいに張れなくなってしまうので要注意。

きれいに障子紙をはがす方法を紹介します。



障子紙のはがし方

破れた障子紙

古い障子紙は水を十分に含ませるとキレイにはがれます。

はがす前に破ってしまわないで、そのまま水を含ませて上から順番に、はがしていきましょう。

【作業手順】
①水を含ませたスポンジかタオルで障子の桟(さん)を湿らせます。

②5分~10分経ったら水で湿っている状態で上から下にむけて古い障子紙をはがします。

③はがれにくい箇所はスポンジでもう一度湿らせます。

私は障子の桟に霧吹きで水をかけ湿らせてから紙をはがしていました。

途中、やぶれることもありますが、比較的、キレイにはがせます。

1枚、まるっとはがせたときは快感ですよ。

簡単にはがして張り替えを楽にするコツ

障子紙をはる

簡単にはがすコツは、障子紙を湿らせてから少し時間をおくことだと思います。

湿らせた箇所が乾いてしまうと、再び、くっついてしまい、はがれにくくなります。

もう一度、湿らせてから、チャレンジしましょう。

桟(さん)にくっついて残ってしまった障子紙は濡れ雑巾でこすって落とします。

障子の張り替えをしました

障子の枠

ネコに破かれた個所が増えて見苦しくなってしまったため、障子の張り替えをしました。

古い障子紙をはがしてキレイにするのは、手間が掛かって面倒なものですね。

いつもは屋内でしている作業ですが天気が良かったので屋外に障子を出して作業しました。

今回は、水をかけて障子紙をこすり落としました。

後で知ったのですが、屋外で水をかけて剥がす方法はよくないそうです。

理由は、水をかけて洗ってしまうと乾いた後に枠が歪んでしまうことがあるから。

元通りに障子をはめることができなくなったら困りますよね。

また、障子の枠をゴシゴシとこすって洗うとササクレてしまうこともあります(経験済み)。

そうなると障子の糊がきれいに付かなくなることもあるので気を付けましょう。

それにしても、普段は、屋内で正しいやり方で障子紙をはがしていたのに…。

今回に限って屋外で水をかけてしまったのは、なんでだったのかな?

天気が良くて屋外で作業がしたかったのかもしれません。

障子紙を貼るのは、はがすのに比べたら楽なものです。

昔は刷毛を使って桟に糊付けしていました。

今ではワンタッチ糊で簡単に糊付けできるので便利ですね。

大きな一枚貼りの障子紙を使えば、貼るのは、あっという間です。

アイロンで貼る障子紙のメリット・デメリット

アイロンではる障子紙

ひとくちに障子紙といっても最近は種類が増えましたね。

アイロンで貼る障子紙もあります。

メリットは、ノリをつける作業が必要ないところでしょうか。

実際に使ってみると、確かに便利でした。

ところが、思わぬデメリットが…。

夏の西日が当たるような気温が高くなる場所では、熱で障子紙の一部がはがれてしまったのです。

はがれてしまった部分に改めてノリをつけてくっつけることになってしまいました。

西日が当たる方角の障子には使わないほうがよいのかもしれません。

次回、張り替える時はネコのひっかき傷にも強いというプラスチック障子紙を試してみようと考えています。

障子紙を破る猫

さいごに

障子紙を思いっきり破くのって爽快感がありますよね。

でも、調子に乗って破くと、あとが大変。

桟(さん)に残った紙をこすり取る作業は意外と時間がかかるものです。

きれいに貼るためには、きれいにはがすことが大切です。

障子紙は年数が経つと紙が劣化して破れやすくなったり、日焼けして見た目が悪くなります。

障子紙を張り替えて、明るくなった部屋で新しい年を迎えたいですね。

関連記事
おせち料理の意味一覧!お正月に「おせち料理」を食べるのはなぜ?
お正月にお迎えする年神様(歳神様)とは?年神様の由来について
喪中におせち料理は食べていいの?年末年始の過ごし方は?

[PR]


-暮らし
-

Copyright© 八福|50代女性のお役立ちブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.