50代からの美容・健康の悩み改善に役立つ商品と体験談を紹介しているブログです

八福|50代女性のお役立ちブログ

季節の話題

郵便年賀.jpオープン。新サービス「年賀状トレード」「コンビニ年賀」とは?

更新日:

post

今日から年賀ハガキが販売開始。
日本郵便の年賀特設サイト「郵便年賀.jp」もオープンです。

メールマガジンによると「年賀状トレード」「コンビニ年賀」など新しいサービスが始まったそうです。



年賀状トレードとは

住所を知らない人と年賀状を交換できる「年賀状トレード」って、
どういう仕組みなんだろうと不思議に思ってしまいました。

どうやら、SNSを利用したサービスのようです。

まず、郵便年賀.jpサイトに、ツイッターかフェイスブックのアカウントを登録します。

すると、日本郵便がSNSのメッセージなどを通じて、
相手先に年賀状を送っても問題ないかを確認した上で、
本名や住所を聞き、年賀状を配達する仕組みなんだそうですよ。

私はツイッターもフェイスブックもやっていないのでイマイチ理解できません…。

SNSを使い慣れている人なら使い勝手の良い便利なサービスなのかもしれませんね。

人気アーティストやお得なクーポンが付いた年賀状がもらえたり、
特典付年賀状を買って自分や年賀状トレードに参加している友達に
送ることもできるそうです。

コンビニ年賀とは

郵便局で無料提供している年賀状ソフト「はがきデザインキット(スマホアプリ版)」で
作成した年賀状が、セブンイレブンで印刷できるサービスが始まったそうです。

ネットで注文して出来上がった年賀ハガキを受け取るというのは、以前からあったのかな?

今回の新サービス「コンビニ年賀」は、マルチコピー機を使って自分で年賀状を印刷できるというもの。

年賀状の枚数が少ないときとか、自宅のプリンタが壊れたり調子が悪いというときにも便利かもしれません。

年賀状を出すという習慣も、こうして少しずつ変化していくのでしょうね。

これらの新サービスが始まる一方で、郵便局では2017年から1月2日の配達をやめるそうです。

年賀状を出す人が減っているのが理由です。

たしかに2日に届く年賀状は少ないし配達をやめても特に問題はないと思います。

今日の午前中、ゆうパックを出すために郵便局にいったんですが、
年賀ハガキを買いに来ている人は、たった一人。

初日だというのに閑散としたものでした。

年賀ハガキの発売初日は、郵便局の前でちょっとしたセレモニーが行われて、
ハガキを購入するために行列ができたというのは何年前のことだったでしょう?

ところで、年賀はがきのCMに出演するのは嵐だけなんでしょうか。

嵐も好きですが、マツコデラックスさんが出演するCMも好きなんですよね…。

【追記】
今朝(11月2日)の地元紙をみたら、郵便局では午前9時の発売開始を前に
セレモニーが行われたという記事がありました。

市内の保育園児がダンスや歌を披露したそうです。

今でもちゃんとセレモニーが行われていると思ったら、なんだかホッとしました。

多分、行列もできていたと思います。

[PR]


-季節の話題
-, , ,

Copyright© 八福|50代女性のお役立ちブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.