50代からの美容・健康の悩み改善に役立つ商品と体験談を紹介しているブログです

八福|50代女性のお役立ちブログ

健康

腕の痛みの原因は?(病気・症状・対処法)

更新日:

原因不明の指のしびれと腕の痛みに悩まされていましたが、ようやく治りました。

一般的には、痛みやしびれがある部分に何かが起こっていると思いますよね?

ところが、今回の場合は「猫背⇒首に負担⇒腕の痛み・指のしびれ」だったというのです。

加齢も無関係とはいえず、気を付けないと再発の可能性がないとはいえません。

備忘録として、先月3月31日からおよそ10日間続いた痛み・しびれについて書いておきます。



腕の痛みの原因はどんな病気?

【頸椎(けいつい)症とは】
首が凝る、痛くて回せない、腕もしびれるという症状の原因のひとつが頸椎症です。

頸椎症といっても、いくつかのタイプがあります。

・軽症:肩こり・首こり
・重症:腕や足のしびれ・歩行障害

加齢によって首の骨(椎骨=ついこつ)が変形したり、
悪い姿勢になり首に負担がかかったりするのが、主な原因。

パソコン作業などで猫背の姿勢を続けていると、
首が前方に突き出る『ストレートネック』になり、
首にかかる負担がさらに増してしまう

出典:NIKKEI STYLE

腕の痛みの原因・症状

ひとくちに腕が痛いといっても、

・肩の周り
・上腕
・前腕
・肘
・手首
・指

など具体的に腕のどの部分がどんなふうに痛いのか、
また、しびれもある場合などで原因も治療法も違ってくるそうです。

そして、
・動かすと痛む
・動かさなくても痛む
・いつも痛む
・痛かったり痛くなかったりする

という違いもあります。

さらに、
・関節の痛み
・筋肉の痛み
・神経の痛み

という違いもあります。

本当に、痛みといっても様々あるものです。

腕の痛みの原因・対処法まとめ

腕の痛みの対処法で一番よいのが、病院で診てもらうことですね。

今回の症状について時系列にまとめてみました。

・右人差し指の指先がひび割れ(3月31日)。痛みが出たが放置。

・翌日、人差し指の指先に、しびれが出る

・翌々日、右腕が痛みだす。一番痛みが強い時間帯は起床時の数分間。
 家事で腕を動かしていると痛みは消える。
 腕の痛みと共に腕に力が入りにくくなる。

・4~5日間痛みとしびれが続く。
 しびれを感じるのは右手人差し指の指先だけ。
 痛みを感じるのは右腕全体。
 痛みを感じる時間は短く1回につき数分程度。

突然、痛みやしびれを感じて、なかなか痛みが治まらないのは本当に不安なもの。

ケガをした時の痛みと違って「腕の内側から痛む」「動かさなくても傷む」という感覚は始めてのことなので、なおさら心配になってしまいました。

寝違えた訳でもなく筋肉痛でもない…。

原因に心当たりがなくネットで情報を探しましたが、
痛みの原因や疑うべき病気の兆候というのは実にたくさんあるんですね。

こうなるともう自分では判断できません。

病院で診てもらうことにしました。

・痛みが始まってから1週間後、整形外科受診。
 右手のレントゲン撮影。
 首のMRI検査。
 痛み止めの薬処方。
 リハビリ(首の牽引15分、右腕に電気治療15分)。

検査の結果、悪い姿勢を続けていたために首に負担がかっているのが原因らしいという診断でした。

加齢も影響しているようです。

ちなみに、気になっていた指先のひび割れとしびれは関係ないということでした。

・薬とリハビリが効いたのか痛みはほとんど感じられなくなったので病院通いは3回で終了。

しびれと痛みを感じてから7日間我慢して、病院で診てもらったら3日で改善されたということになります。

その後、時々、しびれと痛みを感じることがありましたが薄紙をはぐように回復。

2週間たった今はほぼ完治といえる状態です。

薬も効果があったのでしょうが、診察後は意識して猫背にならないようにしていたのも良かったのかもしれません。

猫背を防ぐために、椅子に座るときは背中に小さなクッションを当てるようになりました。

市販のクッションのほうが使い勝手が良さそうなので購入しようかなと思っています。

首枕(ネックピロー)は、凝りや痛みなどの症状がつらいときに着けるとラクになるそうです。

予防にもなるそうですから、クッションと共に使ってみたら、より効果がありそうですね。

【追記】
記事を書いてから10日ほど経った現在、右腕の痛みは全く感じなくなりました。

ただ、右腕に力が入りにくい状態が続いているため、毎日行っていた腕立て伏せができません。

このまま左腕の筋肉まで弱ってしまうのが心配なので今は壁に向かっての腕立て伏せをしています。

指先のしびれは時々感じることがありますが日常生活に支障はなし。

98%くらいは回復したかなという感じです。

そもそも、50代も後半になったのに運動を何もしない状態で10年前と同じように体を動かそうと考えることがいけないのでしょうね。

柔軟体操やストレッチ、軽い運動にかける時間が年々増えてきてますが、それでもトータルすれば1日30分程度です。

仮に、全く運動をしないで筋肉が衰え、体のあちこちが痛むようになると、家事にかかる時間は2倍以上になる可能性もあります。

それを思えば、毎日の運動にかける時間のほうがぐっと少なくて済むわけです。

実際、体の調子が良くなってくると運動するのが面倒くさいなぁと思うことも多いです。

でも、再び、痛みがぶり返したら大変と思い直し、なんとか続けている今日この頃。

自分の思い通りに動いてくれる体に感謝して、老年期を迎えても意識して体を動かしていこうと考えています。

[PR]


-健康
-, , ,

Copyright© 八福|50代女性のお役立ちブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.