尿もれ対策に骨盤底筋体操をしたら症状が改善した話【体験談】

尿もれ対策

50代以降の女性では、くしゃみをしたときや重い荷物をもったときなどに尿もれでヒヤッとした経験がある人は結構多いのではないでしょうか?

今回は女性に多い尿失禁(尿もれ)のタイプである腹圧性尿失禁について原因と予防改善する方法、骨盤底筋体操で尿もれを解消した体験談を紹介します。



骨盤底筋体操で尿失禁の症状改善【体験談】

尿ケア専用品が販売されているとはいえ、尿もれは女性にとって深刻な問題です。

私の場合、40代後半から症状がありました。

ネットで調べてみたところ骨盤底筋体操がいいという情報を見つけました。

本当に効果があるのかなと半信半疑だったのですが…。

私には効果がありました。

改善されるまでの期間は1ヶ月弱だったと思います。

症状があったときは、ついに自分もそんな年齢になったのかと気落ちしたものですが。

あきらめずに体操をやってみてよかったと思っています。

今でも、毎日、続けています。

時間がかかる体操ではありません。ちょっとしたスキマ時間に実行できます。

尿失禁は命にかかわる病気でありません。

でも、外出するのが億劫になるなど生活の質(QOL)が落ちてしまうというデメリットは大きいです。

骨盤底筋体操は自宅で手軽にできます。

尿もれが気になる人は試してみて損はないと思います。



女性の尿失禁を予防改善する方法

骨盤底筋体操以外にも、日常生活に気をつけることで尿失禁の予防や症状を軽減することができるといわれています。

適度な水分を摂る

尿もれが心配で水分を摂らないでいるのは逆効果です。

かえって濃くなった尿が膀胱を刺激して尿意を感じたり、血液濃度が濃くなって脳卒中などを起こす、といったことがあります。

家に閉じこもらない

尿もれが心配で家に閉じこもると、骨盤底筋がますます衰える可能性が高くなります。

刺激の強い飲み物は控える

お茶やコーヒーなどはカフェインによる利尿作用があります。

カフェインなどを含まない刺激のない飲み物をとるようにしましょう。

便秘に気を付ける

便秘によって膀胱や尿道が圧迫され尿もれの原因となることがあります。

繊維質の多い食事を心がけ適度な運動やお腹のマッサージなどで便秘をしないように気をつけましょう。

肥満を改善する

肥満は、便秘と同様にいつもお腹に圧力がかかっている状態です。

そのため、ちょっとしたことで尿もれが起こりやすくなります。

適度な運動をして、体重減量に努めましょう。



女性の尿失禁で最も多いのは腹圧性尿失禁

尿失禁とは知らないうちに、あるいは自分の意志に反して尿が漏れることをいいます。

加齢や出産、女性ホルモンの低下などが関係しています。

男性に比べて女性に多いのが特徴です。

40歳以上の女性の8人に1人が腹圧性尿失禁の症状を経験しているといわれています。

特に、お産を経験した女性の30~40%は何らかの尿失禁を経験しているそうです。

【尿失禁のタイプは3つ】
腹圧性尿失禁
くしゃみ、重いものを持ち上げる、スポーツなどお腹に力が入った時に尿漏れが起こります。

骨盤底筋群などの緩みが原因です。

切迫性尿失禁
突然強い尿意を感じ、我慢できず尿漏れが起こります。

排尿調節する脳からの信号が不調になることが原因です。

溢流性尿失禁
正常に排泄できずに少しずつ漏れる状態です。

尿の通過障害、膀胱収縮不全が原因です。

※その他、高齢者、認知症、服用薬(高血圧、精神神経系)などで排尿の仕組みに異常なく尿失禁を起すこともあります。

お腹に強い力(腹圧)がかかった時に尿がもれるのを防いでくれるのは「骨盤低筋」という筋肉の働きによるものです。

腹圧性尿失禁では、この骨盤低筋が弱くなったり傷んだりすることが原因で尿道をうまく締められなくなり、尿もれを起こします。

症状としては次のような強い腹圧がかかるような動作をした時、尿がもれてしまいます。

・咳をする、くしゃみをする、笑う
・走る、テニスやゴルフなどのスポーツをする
・重い物を持ち上げる
・坂道や階段を昇り降りする

さいごに

骨盤底筋を鍛える体操は毎日の習慣になっています。

60代になった現在も尿もれの症状がないのは体操のおかげと思うと止められませんね。

タイトルとURLをコピーしました