50代からの美容・健康の悩み改善に役立つ商品と体験談を紹介しているブログです

八福|50代女性のお役立ちブログ

季節の話題

冬至七種を使った料理で運気アップ!冬至かぼちゃとゆず湯の意味・由来は?

更新日:

冬至

冬至は1年で最も昼の時間が短い日として知られていますね。

しかし、この日が過ぎれば昼の時間が長くなって明るい期間が戻ってくると思うと嬉しくなりませんか?

冬至は大切な節目となるため昔から全国各地でいろいろな風習が行われてきました。

最もよく知られているのは、かぼちゃを食べたり、ゆず湯に入るという習慣でしょう。

今回は、冬至七種を使った料理やゆず湯の風習を紹介します。



冬至七種を使った料理で運気アップ

冬至の食べ物

冬至には「ん」が2つつく食べ物を食べると「運」を上昇させることができるという風習・言い伝えがあります。

この縁起かつぎを「運盛り(うんもり)」と言い、7つの食べ物は「冬至の七種(ななくさ)」と呼ばれています。

【冬至の七種】
・南瓜(なんきん)=かぼちゃ
・蓮根(れんこん)
・人参(にんじん)
・銀杏(ぎんなん)
・金柑(きんかん)
・寒天(かんてん)
・饂飩(うんどん)=うどん

一陽来復

冬至の別名は一陽来復(いちようらいふく)といいます。

この言葉は、もともと古代中国占いの書「易経」に出てくるものです。

「陰が極まって陽が生ずる」
(陰の期間が終わって陽の期間が戻ってくる)

つまり、昼の時間が長くなって明るい期間が戻ってくるということをあらわしています。

・冬が終わり春が来ること
・新年が来ること
・悪い事が続いた後で幸運に向かうこと
という意味もあります。

また、一陽来復になぞらえて「一陽来福」という熟語もあります。

こちらは、悪い事が続いた後に「福」がやってくるというという意味です。

なので、運が上昇しはじめる冬至に、さらに「運」をつけるために七種を食べようというわけですね。

冬至七種を使った料理

スーパーで、運盛りに使われる7つの食品がまとめて販売されることもあります。

かぼちゃ、人参、レンコンなど普段食べ慣れた身近な食材が、運気上昇の食べ物というのは嬉しいですね。

冬至七種を使って料理を作るなら、どうすればよいのか考えてみました。

冬至七種には「うどん」が入っているので、一度に全部食べようとするなら「天ぷらうどん」がオススメといったところでしょうか。

レンコン、ニンジンなどは天ぷらにすればOKですね。

金柑はそのまま食べたいところですが、甘露煮という手もあります。

問題は、寒天をどうやって食べるか?です。

うどんに「糸寒天」を入れるというのはどうでしょうか。

糸寒天は食物繊維を豊富に含み、糖質ゼロ、ローカロリーの食材です。

あたたかい汁物には、水でもどさずそのまま使えるので便利ですよ。

冬至七種を使った料理をもっと知りたい人はレシピサイトで検索してみましょう。

冬至にかぼちゃを食べる理由

かぼちゃ

冬至にかぼちゃを食べるようになったのは、江戸時代の中ごろからといわれています。

現代と違い、昔はいつでも新鮮な野菜が手に入るわけではありません。

冬至のころになると食べられる野菜はほとんどなくなっていました。

そこで、元気に冬を越せるようにと長期保存ができて栄養豊富なかぼちゃを冬至に食べていたようです。

また、かぼちゃを食べることは、脳卒中や風邪の予防にもなるといわれてきました。

もともとは運盛りとして食べられていたともいわれています。

このように、冬至にかぼちゃを食べる理由には、いくつか説があります。

いずれにしても「冬至かぼちゃ」は昔の人の知恵だったといえるでしょう。

冬至に「ゆず湯」に入る理由

ゆず湯

黄色いゆずが浮かぶお風呂は、冬至の代表的な習慣のひとつです。

江戸時代の銭湯ではすでに、ゆず湯に入る習慣があったと考えられています。

「ゆず湯」に入る理由にも諸説あります。

ここでは代表的な理由をいくつか紹介します。

冬至に、ゆず湯に入る理由は、上記で紹介した一陽来復の考え方がもとになっているといわれています。

毎日、入浴する習慣がなかった昔の人は、禊(みそぎ)の意味を込めて運気が上昇するタイミングに合わせ体を洗い清めたのだとか。

また、冬至が過ぎるころから本格的な寒さが始まるため、ゆず湯に入って体を温めようとしたともいわれています。

ところで、ゆず湯に入ると体がポカポカと温まりますね。

これは、ゆずの皮に含まれている精油の効果によるものです。

この効果は、ゆずだけではありません。

ミカンの皮を干したものやレモンの二つ切りでも同じ効果があります。

さらに、ゆず湯に入ると血液の循環をよくしたり、血圧を下げるなど体によい効果も期待できます。

ちなみに、湯治(とうじ)と冬至(とうじ)との語呂合わせ、身体息災であれば融通(ゆうずう)が利くとのこじつけという説もあります。

冬至の意味

冬至

冬至とは、一年で最も昼の長さが短く、夜が長い日を意味します。

二十四節気のひとつ。立冬と立春の間にある節気です。

少しむずかしい話になりますが、天文学では太陽が地球上を通る線「黄道(こうどう)」の270度の点を冬至点といいます。

そして、ここを太陽が通る瞬間を「冬至」、その瞬間を含む一日を「冬至日」といいます。

ちなみに冬至は毎年同じ日ではありません。

年によって、12月21日のときと12月22日のときがあります。

日の入り時刻や日照時間

冬至は昼の時間がもっとも短いですが、実際にはどれくらいなのでしょう?

地域によって多少の違いはありますが、例えば、東京の場合、日照時間は約9時間25分だそうです。

1年で1番昼が長い夏至と比べると、その差は約5時間もあるのだとか。

ところで、昼が一番短いということは、日の出が遅く日の入りが早いと思ってしまいますね。

しかし、日の出の時刻が一番遅いのは、冬至の半月くらい後の1月上旬。

日の入りが一番早いのは、冬至の半月前の12月上旬になります。

どうして、このようなズレがあるのでしょう?

理由は、太陽の速度が一定ではないからだそうです。

地球が太陽の周りを回る公転軌道が円ではなく楕円であるなどの理由で、季節によって太陽が空を移動する速度が変化するのです。

冬至だけでなく、夏至の場合も同様のことがいえます。

日の出が一番早いのは夏至の少し前、日の入がもっとも遅いのは夏至の少し後になるそうです。

さいごに

最近は、冬至になるとスーパーで運盛りに使われる7つの食材がまとめて販売されることも増えてきました。

あれこれ考えなくても一度に買うことができるのは便利ですよね。

我が家では冬至に「地かぼちゃ」とよばれるカボチャで味噌汁を作って食べるのが習慣です。

今年は、運気アップを願って天ぷらうどんを作ってみるのもいいかもしれませんね。

関連記事
二十四節気とは?季節の節目の意味を簡単に紹介!
七十二候の読み方は?意味や二十四節気との関係を紹介
日本独自の雑節とは?二十四節気以外の季節の変わり目はいつ?

[PR]


-季節の話題
-, , ,

Copyright© 八福|50代女性のお役立ちブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.