50代からの美容・健康の悩み改善に役立つ商品と体験談を紹介しているブログです

八福|50代女性のお役立ちブログ

季節の話題

お正月にお迎えする年神様(歳神様)とは?年神様の由来について

更新日:

しめ縄

年神様は「としがみさま」という読み方をします。

お正月が近づくと、この年神様という言葉を聞く機会が増えますが、どんな神様なのかご存知ですか?

年神様について、わかりやすく紹介します。



年神様(歳神様)とは

新年の神様のことです。「正月様」「歳徳神(としとくじん)」ともいいます。

お正月はそもそも、家に年神様をお迎えするためにあります。

昔から日本人は、新しい年を迎えると、その年の作物が豊かに実るように神様にお祈りをしていたといいます。

また、亡くなった先祖の魂が田や山の神様になり、子孫の繁栄を見守ってくれているとも考えていました。

つまり、年神様は祖先の神様であると同時に農耕の神様でもあるというわけなんですね。

そして、元旦になると、豊かな実りと一年の幸せを授けるために山からおりてくると考えていたのです。

1年に1回やって来る年神様をお迎えするために、お正月にまつわる様々な行事や風習ができました。

お正月に門松やしめ飾り、鏡餅を飾るのも、おせち料理も年神様をお迎えするための準備です。

門松は、年神様が迷わずわが家を見つけてくれるように目印として玄関に立てられます。

しめ飾りは、清められた場所であることをあらわしています。

年神様まとめ

年神様の由来には諸説ありますが、今回は代表的な説を紹介しました。

日づけがひとつ変わるだけなのに、新しい年を迎えると自然と気持ちが引き締まりますね。

実は、お正月というのは、新しい年の始まりだからお目出度いというイメージしかなかったんです。

でも、年神様の由来を知ると正月飾りひとつにしても、きちんとした理由があることが分かります。

単なる飾りではないのですね。

それは、年末の大掃除の意味にもいえることかもしれません。

私は、年末だから綺麗に掃除して新しい年を迎えましょうという意味に捉えていました。

でも、もともとは年神様を迎えるために家をきれいにしましょうということなんですね。

実は、我が家では大掃除をしません。

昔は年末の1週間を大掃除に当てていましたが、忙しい時期に一人で家中を掃除するのは、やはり不可能。

どうしても、やり残した部分がでてきます。

そこで、数年前から、大掃除するべき場所を小分けにして一年を通して少しずつ掃除するように変えました。

今回、年神様の由来を調べてみて大掃除にも意味があるんだなとわかりました。

でも、小分けに掃除するスタイルは変更しないと思います。

要は、気持ちが全て。

年神様を歓迎する気持ちで準備を整えられたらいいのかな、などと考えています。

ちなみに、元日は掃除をしてはいけないそうですよ。
理由は、元日に掃除をすると福を掃き出してしまうから。

元日くらいは主婦をゆっくり休ませてあげようという心配りもあるといわれています。

その言葉に甘えるのもいいかもしれませんね。

関連記事
2019年のおせち料理は通販で!半額で購入できるって本当?
お正月に「おせち料理」を食べるのはなぜ?おせち料理の意味一覧!
喪中におせち料理は食べていいの?年末年始の過ごし方は?

[PR]


-季節の話題
-, , ,

Copyright© 八福|50代女性のお役立ちブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.