50代からの美容・健康の悩み改善に役立つ商品と体験談を紹介しているブログです

八福|50代女性のお役立ちブログ

健康

踵(かかと)のひび割れの治し方!かかとがガサガサする原因と自宅で改善・予防する方法

更新日:

かかとの痛み

冬の悩みで多いのが「かかと」のひび割れ。

繰り返すかかとのひび割れの原因と自宅で改善・予防する方法を調べてまとめてみました。

今回は、私が実際に試して即効で効果を実感できた靴下も合わせて紹介します。



かかとがガサガサになってひび割れする原因

かかと

かかとがひび割れするのは乾燥により角質が厚くなることが原因です。

冬は、全身の肌が乾燥しやすい季節ですが、その中でも、かかとは特に乾燥しやすい部位です。

かかとには皮脂腺がない

顔や体には、皮脂を分泌し、皮膚表面を保護・保湿する役割をする皮脂腺があります。

ところが、かかとには、その皮脂腺がひとつもありません。

乾燥しやすい生活環境

エアコン、ストーブ、ホットカーペットなどの生活も足が乾燥しやすい環境にあるといえます。

かかとが乾燥すると、ターンオーバーが乱れ、古い角質がはがれず肌に留まり続けます。

そのため、角質が厚く硬くなってしまうのです。

新陳代謝の低下

冷え性の人は新陳代謝の低下によりターンオーバーが遅くなるので、角質が厚くなってしまいます。

外部からの刺激

一般に、肌は外部の刺激から皮膚を保護するために角質を厚く硬くしようと働くのだそうてず。

かかとや足の裏は、立っているだけでも全体重がかかる部位で、圧力を受けている状態です。

また、歩いたり運動したりすることは、外部から刺激を受けている状態といえます。

このような刺激や圧力でも角質は厚くなるのです。

ちなみに、パンプスのように足を圧迫する靴を履き続けると足裏への刺激が強くなり角質が厚くなりやすいといわれています。

白っぽく硬くなってしまったかかとは、潤いが失われて乾燥し、触ってもガチガチの状態。

この状態は「角化症」とも呼ばれます。

水虫

水虫など雑菌の繁殖が原因で、かかとの角質は厚く硬くなることもあります。

かゆみもほとんどなく、見た目では水虫かどうか判断することはできません。

・きちんとケアしているのに変化がない
・夏場になってもカサカサした状態が改善しない

このような場合は、かかと水虫の可能性が高いといわれています。

皮膚科を受診して専門医に診てもらうことをおすすめします。

◆原因まとめ
・乾燥によるターンオーバーの乱れ
・新陳代謝の低下
・外部からの刺激
・水虫などの雑菌

かかとのひび割れの治し方!市販クリームのオススメは?

かかとケア

ひび割れを治すには古い角質を取り除くことと保湿がポイントです。

かかとの角質が厚く硬くなっている場合は、まず、古い角質を取り除くことからはじめましょう。

まず、入浴または足浴で、固くなった角質を柔らかくします。

摩擦が黒ずみの原因なので、足やかかとはゴシゴシ洗わないようにしましょう。

入浴後は、保湿クリームを塗って、柔らかくなった角質に水分と油分を与えます。

かかとのケアには血行を良くすることも効果的です。

特に寒い季節は血行が悪くなりがち。

クリームを塗りながら足全体をマッサージしましょう。

おすすめの市販クリーム

保湿ケアには、角質軟化作用のある尿素入りクリーム、かかと専用クリーム、ニベア、ワセリンなどがオススメです。

冷え性の人は血行促進効果があるビタミンEなどを配合したクリームもよいでしょう。

クリームを塗った後は靴下を履いて潤いをキープしましょう。

就寝中は肌の新陳代謝が活発になります。

かかと専用の靴下を着用すると、寝ている間にクリームが浸透するので効果的です。

ユースキンAとかかと専用靴下がセットになった商品も販売されています。

クッション性のある靴

かかとにかかる刺激を減らすには、靴選びも大切です。

硬い靴や足にあっていない靴は衝撃が大きくなります。

クッション性のある靴を選んだり、厚めのインソールを入れて履くとよいでしょう。

また、室内では、かかとへの負担を考えると裸足で過ごすのはおすすめできません。

靴を履いている時に比べて、かかとが露出している状態は、歩行時の衝撃や体重がダイレクトに伝わりやすいといわれています。

部屋の中では、靴下、あるいはルームシューズを履くとよいでしょう。

かかとのひび割れを予防する方法

正しいケアでスベスベかかとを取り戻しても、放っておけば元どおりのガサガサになってしまいます。

ひび割れの再発を防ぐために、足裏の皮膚を清潔に保ち、保湿することを心掛けたいですね。

ツルツルのかかとを取り戻した場合や少し硬いと感じるレベルであれば、日常のケアは次の2つを心掛ければ大丈夫だと思います。

1.入浴時にせっけんをよく泡立て、手で足全体を優しく洗う
2.入浴後は水分をよく拭き取り、クリームで保湿する

【靴下の素材】

かかとのひび割れの原因は靴下の素材も関係あるかもしれません。

化学繊維でできているインナーを着ていると、室内の乾燥や静電気などで皮膚の水分が失われます。

肌が敏感な人は、かゆみが生じやすくなることもあります。

肌を乾燥から守るためには、綿などの天然素材で保湿効果があるものを選ぶとよいといわれています。

足についても同じことがいえるのではないでしょうか?

試しに、かかとケア専用の靴下を使ってみたら一晩でカサつきが治ってしっとりした状態になりました。

さいごに

かかとのひび割れ

今回は、かかとがひび割れする原因と改善方法、それに予防方法を紹介しました。

私自身、以前は、秋から冬へと季節が変わる時期になると、毎年「かかと」のひび割れに悩まされていたものです。

「かかとがぱっくり割れて歩くと痛い」というテレビCMがありましたが、まさに、その状態です。

痛みを感じるのでかかとを見たら血が出ていた、ということが何度も…。

出血して痛みが出るようになると、普通に歩くのにも支障がでてきます。

家事をこなすのも大変になってきます。

このままでは困るので、かかとのひび割れについて調べたことを忘れないように書いておくことにしたわけです。

今では、冬が近づくと予防のために保湿クリームとマッサージするのが習慣になりました。

事前に対策することで、かかと靴下を履かなくても良い状態をキープできています。

毎年、かかとのひび割れに悩まされる人は、早めの予防が一番だと思います。

関連記事
キッチンに立つと足が冷える!足元の冷え対策におすすめの吸湿発熱靴下を紹介!
膝下が冷えて辛い!膝下が冷える原因と改善に役立つツボとグッズを紹介!
太ももを温めるグッズと筋肉を鍛えて温める方法!ダイエット効果が期待できる理由とは?
100均ミニ湯たんぽとエコカイロの持続時間はどれくらい?
充電式(蓄熱式)湯たんぽの使い方・寿命・捨て方は?実際に使ってみた感想も紹介!
しもやけの症状・原因・治し方!「ふくらはぎ」を温めたら足指のしもやけが予防できた話【体験談】
乾燥肌の50代女性におすすめのあったかインナーは?吸湿発熱素材のあったかインナーの選び方!

[PR]


-健康
-

Copyright© 八福|50代女性のお役立ちブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.