50代からの美容・健康の悩み改善に役立つ商品と体験談を紹介しているブログです

八福|50代女性のお役立ちブログ

季節の話題

七草粥はいつ食べる?食べる意味と由来を紹介

更新日:

春の七草

正月明けになると七草粥の食材をスーパーで見かけるようになりますね。

七草粥を食べる風習は知っていても、意味や由来まで知っている人は少ないのではないでしょうか。

今回は、七草粥はいつ食べるのか?そして、七草粥の意味や由来を分かりやすく紹介します。



七草粥はいつ食べる?

七草粥とは、春の七草を入れて作ったお粥のことです。

食べる日は「人日の節句」といって毎年1月7日に決まっています。
※「人日の節句」については記事の後半で説明しています

本来、七草粥は朝に食べるものといわれていました。

正確にいうと、前日の夜に七草を細かく刻んでおいて、1月7日の朝にお粥を作って食べるということになります。

現在では、必ず朝に食べる必要はありません。

【春の七草の種類】
①セリ ⇒ 山菜。胃腸強化。
②ナズナ ⇒ ペンペン草ともいいます。肝機能を整える。
③ゴギョウ ⇒ ハハコグザともいいます。咳を鎮める。
④ハコベラ(ハコベ) ⇒ 目に良い。腹痛の薬にもなった。
⑤ホトケノザ(仏の座) ⇒ 胃腸強化。
⑥スズナ ⇒ カブのこと。ビタミンが豊富。
⑦スズシロ ⇒ 大根の事。消化を助ける。

◆七草の名前を簡単に覚える方法は?
昔からある七草の覚え方に
「せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ  これぞななくさ」
というのがあります。

これを、5・7・5・7・7という短歌のリズムに合わせると覚えやすいですよ。

セリ ・ナズナ
ゴギョウ ・ハコベラ
ホトケノザ
スズナ ・スズシロ

最後の部分「これぞななくさ」は「春の七草」に言いかえたほうが覚えやすいかもしれませんね。

七草粥を食べる意味や由来

食べる意味には諸説ありますが、よく知られているものには以下のような説があります。

・この1年、病気や怪我をせず暮らせますようにという願いを込めて(無病息災)
・お正月にご馳走で疲れた胃腸を休ませるため
・野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補うため

もともと、七草粥を食べる習慣は中国から伝わったものです。

日本では、平安時代中頃から始まったといわれています。

江戸時代に入ると1月7日は五節句のひとつに定められます。

そして、七草粥は正月行事として広まるようになりました。

◆五節句とは季節の節目の事

1月7日 「人日の節句」(じんじつのせっく)
「七草の節句」とも言います。

3月3日 「桃の節句」(もものせっく)
「ひなまつり」

5月5日 「端午の節句」(たんごのせっく)
「こどもの日」

7月7日 「七夕の節句」(しちせきのせっく)
「たなばた」

9月9日 「重陽の節句」(ちょうようのせっく)
「菊の節句」

七草粥まとめ

・1年元気に過ごしていけるよう神様に願いを込めて食べるものであること
・冬に不足しがちな栄養を取るために食べるものであること
・お正月にご馳走を食べ過ぎて疲れたお腹を休める意味もあること

子供には「食べると1年元気いっぱいに暮らせるお粥」と説明してあげるといいですね。

七種類の草の名前を覚えさせたかったらスーパーで七草粥セットを買って実物を見せるという手もいいかもしれません。

個人的には、お正月に食べ過ぎて疲れた胃腸を休めるために食べるものだと思っていたのですが…。

昔から伝わる風習・行事だったのですね。

我が家は大人ばかりなので、手軽に作れるフリーズドライの七草セットを愛用しています。

関連記事
節句とはいつ?五節句の意味・行事・風習を紹介

[PR]


-季節の話題
-,

Copyright© 八福|50代女性のお役立ちブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.