50代からの美容・健康の悩み改善に役立つ商品と体験談を紹介しているブログです

八福|50代女性のお役立ちブログ

季節の話題

2019年の小寒の時期はいつ?読み方や言葉の意味も紹介!

更新日:

小寒

小寒という言葉をニュースできくと本格的な寒さはこれからという気持ちになりますね。

小さなお子さんや受験生がいるご家庭ではインフルエンザに注意が必要な時期でもあります。

ところで、小寒の時期はいつなのかご存知ですか?

小寒の読み方や言葉の意味、この時期に旬を迎える食べ物を紹介します。



小寒の時期はいつ?読み方や意味は?

大雪

小寒の読み方は「しょうかん」です。

二十四節気のひとつで、1年を24等分したものに季節の名前を付けたもので、冬至の次の節気になります。

冬至 ⇒ 小寒 ⇒ 大寒

小寒という文字通り、寒さが小さい⇒まだ本格的な寒さではない。

つまり、寒さが厳しくなり始める時期という意味をもっています。

小寒の日は、毎年1月5日~6日頃になりますが、年によって変わります。

2019年の小寒は、1月6日(日)です。

二十四節気は期間を表すものとして使われることもあります。

その場合、次の節気の前日までの期間を表わします。

小寒の時期といえば、1月5日ごろから大寒(1月19日ごろ)の前日までの期間を指します。

手紙で「小寒の候」という時候のあいさつを使うのも、この時期になります。

【寒の入り・寒の明けとは?】
寒が始まる小寒の日を「寒の入り」、寒が終わった翌日である立春を「寒の明け」といいます。

この期間は1年で最も寒さの厳しい季節です。

そのため、「寒(かん)」「寒中(かんちゅう)」「寒の内(かんのうち)」とも呼ばれます。

寒中見舞いは、松が明けてから大寒の最後の日である「節分」までに送る慣わしがあります。

年賀状を出しそびれてしまった場合は、この期間に寒中見舞いを出すとよいでしょう。

「寒の内」が過ぎてしまうと、寒中見舞いではなく余寒見舞いとなります。

関連記事
年明け年賀状を投函できる期間はいつまで?寒中見舞いとは?

【寒四郎と寒九とは?】
小寒から4日目を「寒四郎(かんしろう)」と言います。

晴れれば豊作というように、この日の天気が麦の収穫に影響があるといわれていました。

また、小寒から9日目に降る雨は「寒九(かんく)の雨」と言います。

この日に雨が降ると豊作の兆しがあるといわれています。

昔の人にとって小寒の天気は重要な意味を持っていたんですね。

【寒の内に行う行事は?】
寒中水泳、寒稽古(かんげいこ)、裸参りなどの行事は「寒の内」に行われることが多いです。

テレビで観るだけでも寒くなってしまいますね。

これらの行事は、寒さに耐えることで、強い体や意志を育てる目的があるそうですよ。

小寒の時期に旬を迎える食べ物は?

小寒の時期に食べるものには、1月7日の七草粥があります。

七草粥の日にセリをはじめとする春の七草を入れた「七草粥」を食べると万病を防ぐといわれています。

詳しくはコチラの記事
↓ ↓ ↓
2019年の七草粥はいつ食べる?由来と食べる意味は?

ちなみに、七十二候(しちじゅうにこう)をご存知ですか?

七十二候とは、1年を24等分した二十四節気を、さらに約5日ずつの3つに分けたものです。

詳しくはコチラの記事
↓ ↓ ↓
七十二候の読み方は?意味や二十四節気との関係を紹介

七十二候では、小寒の最初の5日間には「芹乃栄(せりすなわちさかう)」という名称がつけられています。

「セリがよく生育する」という意味です。

春の七草に出てくるセリが、七十二候にも登場するんですね。

ちなみに、芹(セリ)とは日本全国の山野に自生するセリ科の多年草。

古事記や万葉集の時代から食用とされている植物です。

お正月時期の天然物はまだ非常に小さく旬には早いですが、芽を伸ばし茎や葉が柔らかい2~4月頃が、最もおいしく頂ける旬の時期といえます。

セリを最も美味しく食べられる旬の時期は2~4月ですが、七草粥の時期になるとスーパーに栽培物が出回ります。

セリには、美肌、アンチエイジング、貧血の予防などの効果も期待できるそうですよ。

健康と美容にために意識して食べてみるのもよいかもしれませんね。

冬の野菜は水分を豊富に含んでいるため氷点下になると凍ってしまいます。

凍ってしまうと細胞が壊れて生きていけなくなってしまいますよね。

そこで、凍らないために細胞内に溜め込んできた「でんぷん」を「糖」に変えて糖分を増やすのだそうです。

「糖分が増える=甘みが増す」
というわけで、冬の野菜は糖が多くて甘くなるんですね。

冬野菜には、セリをはじめとして、寒じめホウレンソウ・越冬キャベツ・雪中ニンジンなどが出回っています。

小寒の時期には栄養と甘さがたっぷり詰まった冬野菜を食べて過ごすのもいいですね。

小寒まとめ

・小寒の日 ⇒ 毎年1月5日~6日頃
・小寒の時期 ⇒ 小寒の日から大寒の前日まで
・寒の内 ⇒ 小寒の日から節分(立春の前日)まで
・寒の入り ⇒ 小寒の日
・寒の明け ⇒ 立春

小寒の時期や意味を知ると、季節がより深く感じられます。

毎日を丁寧に過ごしていきたくなりますね。

季節にちなんだ行事を毎日の生活に取り入れて、忙しい日々の暮らしを少しでも豊かにできたらいいですね。

[PR]


-季節の話題
-, , ,

Copyright© 八福|50代女性のお役立ちブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.