50代からの美容・健康の悩み改善に役立つ商品と体験談を紹介しているブログです

八福|50代女性のお役立ちブログ

季節の話題

節分の意味と由来をわかりやすく紹介!節分に豆まきをする理由とは?

更新日:

節分祭

2020年の節分は2月3日です。

節分といえば、豆まきのイメージが強いのではないでしょうか。

神社では節分祭りといって年男年女にあたる芸能人や有名人が豆をまくようすがテレビで放送されますね。

実は「節分は1年に4回ある」ことをご存知ですか?

今回は、節分の由来と意味、そして年に4回あるのに2月の節分だけ盛大に行事が行われる理由を紹介します。



節分の意味と由来

節分祭り

節分とは、文字通り「季節を分ける」という意味。

ひとつの季節が終わる日のことで「雑節」になります。

※雑節についてはコチラの記事で説明しています。
↓ ↓ ↓
日本独自の雑節とは?二十四節気以外の季節の変わり目はいつ?

次の季節に移り変わる節目の日(の前日)ともいえますね。

季節は「春・夏・秋・冬」の4つありますから、節分は1年に4回あります。

「立春・立夏・立秋・立冬」の前日
 ↓ ↓ ↓
「春の節分・夏の節分・秋の節分・冬の節分」

春の節分の行事

では、どうして春の節分だけ「節分」として豆まきなどの行事が行われるのでしょうか?

昔の暦では立春を新年の始まりとしていました。

1年の節目にあたる特別な日であるため、新しい年への幸運を願う行事や風習が行われきたのです。

そのため、節分といえば立春の前日を指すことが多くなっていったのだそうです。

また、地域によっては、節分にソバを食べる風習があります。

これは、春の節分は旧暦では大晦日に相当する日であることが由来といわれています。

節分に豆まきをする理由

節分には豆まき

昔は、季節の変わり目には悪いもの(邪気=鬼)が入って来やすいと考えられていました。

そして、季節の変わり目の中でも特に重要視されてきたのが年の変わり目。

立春の前日である「春の節分」です。

春の節分には、悪いものを追い払い新年に福を呼び込むために豆まきの行事が行われてきたのです。

なぜ鬼に豆を投げるのか?

宇多天皇の時代に、鞍馬山に鬼が出て都を荒らしたとき、毘沙門天のお告げで大豆を鬼の目に投げつけて退治したという故事伝説が始まりといわれています。

◆豆には、生命力と魔除けの呪力が備わっているという信仰
◆「魔の目(魔目=まめ)」に豆を投げつけ「魔を滅する(魔滅=まめ)」という語呂合わせ

このように、豆が使われる理由には諸説あります。

豆まきには、鬼に豆をぶつけて邪気を追い払い1年の無病息災を願うという意味合いがあったんですね。

節分の豆まきのやり方は?

家族で豆まき

一家の主人あるいは「年男」(その年の干支生まれの人)が豆をまくものとされています。

しかし、家族全員で豆をまくという家庭も多いのではないでしょうか。

一般的には「福は内、鬼は外」と声を出しながら福豆(煎り大豆)をまきます。

そして、まかれた豆を自分の年齢(数え年)の数だけ食べると病気にならず健康でいられると言われています。

掛け声や食べる豆の数は地域によって異なります。

ちなみに、豆まきに使う豆は炒った豆を使います。

生の豆を使うと拾い忘れた豆から芽が出てしまうことがあり、縁起が悪いとされています。

さらに「炒る」は「射る」にも通じます。

鬼や大豆は、陰陽五行説(「木」「火」「土」「金」「水」の五行)の「金」にあたります。

この「金」の作用を滅するといわれる「火」で大豆を炒ることで、鬼を封じ込めるという意味があります。

まいた豆を人間が食べてしまうことにより、鬼を退治した、ということになるわけです。

さいごに

節分の恵方巻

子供が大きくなってしまうと、家族の恒例行事だった豆まきをしなくなってしまうというご家庭も多いようですね。

節分に豆まきをしないで恵方巻きを食べるだけという人もいるそうです。

それにしても、節分は1年に4回もあったなんて意外でした。

そういえば、コンビニで夏の節分に恵方巻きが販売されていたのを見かけたような気が…。

夏の節分、秋の節分、冬の節分にも恵方巻きを食べる!

ということになるかもしれないですね。

関連記事
節分の恵方巻きはどの方角を向いて食べる?恵方の決め方や由来も紹介
十干とは何か?意味や読み方を分かりやすく説明!

[PR]


-季節の話題
-, , ,

Copyright© 八福|50代女性のお役立ちブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.