50代からの美容・健康の悩み改善に役立つ商品と体験談を紹介しているブログです

八福|50代女性のお役立ちブログ

季節の話題

十干とは何か?意味や種類、読み方を分かりやすく説明!

更新日:

十二支

年末年始、年賀状シーズンになると干支(えと)が話題になりますね。

ところで「十干」という言葉をご存知ですか?

十二支に比べると馴染みが薄い「十干」の意味や種類、読み方、覚え方を分かりやすく説明します。



十干とは?読み方と種類

十干の読み方は「じっかん」です。

以下の10種類の漢字で構成されています。

・甲(こう)
・乙(おつ)
・丙(へい)
・丁(てい)
・戊(ぼ)
・己(き)
・庚(こう)
・辛(しん)
・壬(じん)
・癸(き)

十干は、古代中国で考えられ、日本に伝えられました。

現代でいうと、数字のようなものといえるでしょう。

全ての漢字に見覚えはなくても、「甲」と「乙」は使われることが多いですよね。

意味は分からなくても「こうおつ」と読める人は多いのではないでしょうか。

例えば、焼酎や資格の区分に甲類、乙類のように使われています。

また、契約書にも甲と乙は出てきます。

「甲乙つけがたい」という表現もありますよね。

陰陽五行

十干の読み方には陰陽五行説というものが大きく関係しています。

【五行説】
世の中のものはすべて「木・火・土・金・水」の5つの要素からできているという考え方。

木から火が生じ、火が土を生み出し、土が金になり、水が木を創るという具合に関連しているのだと考えます。

さらに、

水は火に勝ち、火は金に勝ち、金は木に勝つ、木は土に勝ち、土は水に勝つ

というようにジャンケンのような関係もあります。

【陰陽論】
すべては「陰」と「陽」の2つに分けられるという考え方。

十干

十干は「木・火・土・金・水」の五行と「陰陽」の兄・弟を対応させたものになります。

古い日本語では、兄を「え」、弟を「おと」あるいは「と」といいます。

そこで、

甲は木の陽、つまり兄で「きのえ」、乙は弟で「きのと」。

同じように、丙は「ひのえ」、丁は「ひのと」、という具合になります。

十干の意味

春夏秋冬

10個の漢字は、草木の誕生から成長、種子が出来て、さらに次世代の成長が始まるという意味を持っています。

「甲」は、種子がまだ堅い皮をかぶっている状態。

「乙」は、草木の芽が幼く屈曲している様子。

「丙」は、草木の成長が始まってその姿がはっきりしてきたという意味。

「丁」は、草木が大きくなり、充実してきたという意味。

「戊」は、草木が盛大に繁茂している様子。

「己」は、草木が十分に繁茂し、条理が整う様子。

「庚」は、草木が成熟し成長は止まり、新たなものに変化しようとする様子。

「辛」は、草木が枯れて、新しくなろうとする様子。

「壬」は、草木が種子となって新しい生命をその内にはらんだ様子。

「癸」は、種子の中で新たな生命が徐々に形作られ、再生までの時を測れるほどとなっている様子。

十干の覚え方は語呂合わせで!

上記で説明しましたが「十干」を音読みすると

「こう・おつ・へい・てい・ぼ・き・こう・しん・じん・き」となります。

「甲乙丙丁(こうおつへいてい)」までは、ひとそろいで使われることもあります。

なので、比較的覚えやすいのではないでしょうか。

残りの部分は語呂合わせにすると覚えやすいですよ。

「ぼきこうしんじんき」
 ↓ ↓ ↓
「簿記更新、仁義」

あるいは、壬(じん)を「じ」と読んで「簿記更新時期」と覚えてもいいですね。

恵方の方角は十干で決める!?

十干が誕生したのは、紀元前17~11世紀、殷(いん)の時代の中国だと言われています。

殷、周、秦、漢…と中国の歴代王朝を学校で暗記されられませんでしたか?

あの「殷」の時代にできた古い文字が現代でも使われ続けているなんてスゴイですね!

今でも「指折り数える」という使い方をしますが、数を数える道具として最初に使われたのは手の指。

十干が「十」なのは、手の指の数に由来するといわれています。

十二支と違って、よそよそしいイメージがある十干。

気が付かないところでお世話になっているのかもしれません。

例えば、春の節分に食べる恵方巻き。

恵方の方角が毎年変わることはご存知ですか?

実は、恵方の方角は「十干」によって決まっているのだとか!

古代中国では方角も「東西南北」ではなく干支が使われていたことによるものらしいです。

ちなみに、簡単に恵方を知りたいと思ったら「神宮館開運暦」をみるといいです。

最近では、現在地や指定した場所の地図上に恵方の方角を表示するアプリもあります。

恵方巻きを食べる時に活用してみてはいかがでしょうか。

干支は、十干と十二支の組み合わせ

現在では、「えと」と言うと、十二支を指すように使われています。

しかし、正しくは「十干」と「十二支」を組み合わせた60種類を「干支」といいます。

甲子から始まり、乙丑、丙寅と続き、61年目には元に還(かえ)ることから満60歳を還暦といいます。

自分の生まれた干支を知りたい人は、十干十二支早見表をチェックしてみましょう。

ところで、十干十二支は何の役に立つのか?と思っている人は多いかもしれませんね。

私も、その一人です(^^ゞ

でも、日常生活の中で使われていることは多いです。

例えば、「甲子園球場」の名前は、竣工した年が甲子(きのえね・こうし)であることに由来しています。

また、契約書を作成するとき、アルコールの甲類と乙類、免許の甲種と乙種などもあります。

一番身近なのは、金運、恋愛運、仕事運など運勢を占うときかもしれませんね。

十干十二支はカレンダーに表示されていることもあります。

馴染みがないと思っていましたが、気が付かなかっただけなのかもしれません。

関連記事
節分の恵方巻きはどの方角を向いて食べる?恵方の決め方や由来も紹介
節分とは?由来や意味を簡単に紹介

参考サイト
年賀状・暑中見舞いドットコム(http://www.nengasyotyuu.com/nenga/)
よくわかる十干十二支(http://www.pot.co.jp/gotogi/)
こよみのページ|十干(じっかん)の話(http://koyomi.vis.ne.jp/doc/)

[PR]


-季節の話題
-, , ,

Copyright© 八福|50代女性のお役立ちブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.