50代からの美容・健康の悩み改善に役立つ商品と体験談を紹介しているブログです

八福|50代女性のお役立ちブログ

季節の話題

2019年の立春はいつ?立春大吉の意味や縁起の良い食べ物を紹介!

更新日:

立春

節分の豆まき行事が終われば、翌日は立春です。

暦のうえでは「春」ですが、まだまだ寒くて春には程遠い印象ですね。

「春は名のみの風の寒さや♪」という一節ではじまる唱歌「早春賦(そうしゅんふ)」をご存知ですか。

この歌は、暦の上では春になる立春のころについて詠んだものだそうですよ。

今回は、立春の意味や立春大吉など縁起物について紹介します。



2019年の立春はいつ?立春の候とは?

立春 梅の花

立春は二十四節気のひとつです。

太陽の動きによって日にちが決まるため、毎年同じ日ではありません。

毎年2月3~4日頃になります。

2019年の立春は、2月4日(月)です。

また、二十四節気は期間を表すものとして使われることもあります。

その場合、次の節気の前日までの期間を表わします。

なので、

立春の期間といえば、2月4日頃から次の節気の「雨水」(2月19日頃)の前日までの期間を指すことになるんですね。

立春の候」という時候の挨拶は、この期間中に使います。

二十四節気(立春)

出典:日本気象協会

昔の暦(旧暦)では、新しい年の始まりとされていました。

立春が旧暦の 1月1日と重なった場合を「朔旦立春」とよびます。

立春は今でいう元旦、節分は大みそかにあたります。
節分とは?由来や意味を簡単に紹介

今でも、年賀状に「迎春」「新春」など「春」の文字が使われるのは旧暦の名残りなんですよ。

立春の意味とは?

こよみ便覧(※)には「春の気が立つ」とあります。

これは
「寒さが極まって、春の気配がする」
「寒さも底をついたので、これから寒さは和らいでいく」

という意味があります。

※「こよみ便覧」とは1787年(天明7年)江戸で出版された暦の解説書。
二十四節気の解説ページもあり、現代でも二十四節気を説明する時にはよく引用されています。

実際のところ、「春」といってもまだまだ寒い日々が続きます。

しかし、寒さのピークが過ぎたと思うと少し気持ちも明るくなってきますね。

季語では「寒明け(かんあけ)」ともいうそうですよ。

ちなみに、立春以降に、その年はじめての南方向から吹く風が「春一番(はるいちばん)」。

また、立春後の寒さのことを「春寒(しゅんかん・はるさむ)」、「余寒(よかん)」などと言います。

時候の挨拶には、「余寒の候」「余寒お見舞い申し上げます」が使われます。

立春大吉のお札の意味は?

「立春大吉」というのは、厄除けのお札のことです。

立春の早朝、禅寺では「立春大吉」と書いた紙を門に貼るという習慣があります。

禅宗の一派である曹洞宗では、立春大吉のお札を檀家にも配るそうです。

【立春大吉が厄除けになる理由】
「立春大吉」という文字は、縦書きすると左右対称になりますよね。

つまり、表から見ても裏から見ても同じ「立春大吉」と読むことができるというのがポイント。

立春大吉が厄除けになる理由として、次のような話が伝えられています。

鬼がある家に悪さをしようと入りこもうとした時、その家に貼ってある立春大吉のお札を見かけました。

門をくぐって、ふと振り返ってとき、また同じように立春大吉の文字を目にします。

すると鬼は、

「まだ、この家に入っていなかったのか」

と勘違いして、逆戻りして外へ出ていってしまいました。

鬼が入って来ないということは、災難にあわないということにつながります。

そこで、立春大吉のお札を貼っていると

「厄難が入り込むのを防いでくれるので、家族みんなが一年間無事に過ごすことができる」

という意味を持つようになったそうです。

立春の食べ物には何がある?

立春の前日である節分には、豆まきや恵方巻きを食べる習慣がありますね。

旧暦の始まりの日である立春にも、いろいろな縁起物があります。

運気アップに取り入れてみてはいかがでしょうか。

◆縁起の良いお酒「立春朝搾り」
立春朝搾り(りっしゅんあさしぼり)は、旧暦のお正月にあたる立春を祝う縁起酒です。

節分の夜から一晩中、もろみを搾り続け、立春の早朝に搾りあげます。

いっさいの火入れをしない生原酒なので、このうえなく新鮮。
香りも高く、爽やかな口当たりの特別な日本酒です。

〈立春朝搾り〉は、地域限定酒。
「その地域のお酒を造る人、届ける人、飲む人が、一緒に春の到来を祝う」という地酒ならではの意味合いも込められた、イベント酒でもあるのです。

出典:日本名門酒会 公式サイト

最近では、ネット通販で予約購入できるそうですよ。

◆立春の和生菓子
お酒と同じように立春の朝に作って、その日に食べる「立春生菓子」も縁起が良いとされています。

「立春大吉」にあやかった立春大福。

その他にも桜餅やうぐいす餅などの生菓子が「立春生菓子」として販売されることもあります。

特に有名なのが三重県・伊勢の名物である「赤福」の「立春大吉餅」ですね。

立春の日は地元の和菓子屋さんにいってみてはいかがでしょうか。

縁起物の和菓子が見つかるかもしれませんよ。

春財布

そのほかに春財布といって春に財布を買うと縁起が良いと言われています。

理由は、春が「張る」を意味し、財布が膨れるくらいお金が入ってくるからだそうです。

いわゆる縁起担ぎですね。

風水でも立春は特に運勢の強い日で、買った財布の運勢も強くなるそうです。

ちなみに購入時期はいつがよいのでしょうか?

以下の2つの説があります。

・冬至(12月21日ころ)~雨水(2月18日ころ)
・立春(2月3日ころ)~啓蟄(3月5日ころ)

冬至が終わったら春という考え方と、立春が過ぎたら春という考え方があるんですね。

どちらが正解ということはありません。

春財布の購入時期目安としては、12月20日~3月3日までに購入すれば良いそうです。

さいごに

立春は春の始まりとはいえ暖かいと思った数日後には一転して厳しい冷え込み…。

というように寒暖差が大きくこともあるので油断できません。

「立春からは寒さがゆるんでくる」ととらえればよいのかもしれませんね。

春からは新しい生活が始まるという人も多いのではないでしょうか。

インフルエンザの流行時期です。

本格的な暖かさがやってくるまで体調管理に気をつけて過ごしていきましょう。

関連記事
2019年 節分の恵方巻きはどの方角を向いて食べる?恵方の決め方や由来も紹介
2019年の大寒の時期はいつ?大寒の意味や縁起のよい大寒たまごも紹介
二十四節気「雨水の日」2019年はいつ?雨水に雛人形を飾る意味を紹介!

[PR]


-季節の話題
-,

Copyright© 八福|50代女性のお役立ちブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.