50代からの美容・健康の悩み改善に役立つ商品と体験談を紹介しているブログです

八福|50代女性のお役立ちブログ

季節の話題

今年の「春分の日」はいつ?決め方やお彼岸に墓参りをする意味を紹介!

更新日:

春分の日

祝日の「春分の日」に合わせて旅行の計画を立てる人も多いのではないでしょうか?

春分の日は他の祝日と違って毎年同じ日ではありません。

毎年、春分の日はいつ?とカレンダーを確認する人もいるかもしれませんね。

2020年の「春分の日」は3月20日(金)です。

今回は、春分の日の決め方やお彼岸に墓参りをする意味、彼岸の食べ物など春分について紹介します。



春分の日の決め方!いつ誰が決める?

春分の意味・決め方

春分とは

二十四節気の4番目。3月20日あるいは3月21日になります。

立春 → 雨水 → 啓蟄 → 春分 → 清明

また、期間を表すものとして使われる場合は、次の節気の前日までの期間を表わします。

期間としての意味では、3月20~21日頃から次の節気「清明」の前日までが「春分」になります。

春分の候」という時候の挨拶は、この期間中に使います。

春分の日の決め方

毎年同じ日でない理由は「うるう年」と同じような原理が働いているから。

春分の日は、地球の赤道を天に延長したものが黄道(太陽の通り道)と交わる春分点を、太陽が通り過ぎる時間を含む日を指しています。

地球の公転は、365日と約6時間かかります。

そのため、毎年、春分点を太陽が通り過ぎる時間がずれていってしまうのです。

そんなわけで、春分の日は必ず同じ日にはならないのですね。

実は、春分の日が正式に決まるのは、その前年の2月なんですよ。

決めるのは、国立天文台です。

「暦要項(れきようこう)」という日本の公式の暦にまとめて、2月の最初の官報に掲載されます。

春分の日の意味

イースター

春分は、秋分とともに昼と夜の長さがほぼ同じになる日(正確には昼の方が少し長い)。

世界各地で一年の大きな節目とされています。

日本では、国民の祝日「春分の日」と制定されています。

「自然をたたえ、生物をいつくしむ」ことを趣旨としています。

イランでは、春分の日が正月です。

アメリカでは、春分に近い時期のイベントとして「イースター」がありますね。

日にちは「春分の日を過ぎて最初の満月の次の日曜日」に決まっているそうです。

さらに、春分・秋分の日を意識した建物もあります。

イースター島の海に向かって立つモアイ像は、春分の日の日没方向を見つめているといわれています。

メキシコにあるマヤ文明の世界遺産「チチェン・イッツァ」にあるピラミッド、エル・カスティーヨ。

このピラミッドでは、毎年春分の日と秋分の日だけ「ククルカンの降臨」という現象が起きるそうですよ。

昼と夜の長さが同じになる日は特別な日であるという考え方は世界共通なのかもしれませんね。

春分の日の行事

春分の前後3日ずつを合わせた計7日間が「春の彼岸」にあたります。

彼岸というのは雑節のひとつ。

こちらの記事でも書いています。
↓ ↓ ↓
日本独自の雑節とは?二十四節気以外の季節の変わり目はいつ?

彼岸の初日を「彼岸の入り」、終日を「彼岸の明け」と呼びます。

春分の日は「彼岸の中日(ちゅうにち)」となります。

この彼岸の期間の行事には、お墓参りがありますね。

「彼岸」という言葉は、仏教では悟りの境地という意味。

また、「向こう岸」とか「対岸」といった意味もあります。

「此岸(しがん)⇒こちら側の岸」

つまり、私たちが生きている現世に対して、仏の世界といった意味で使われます。

仏教では、彼岸と此岸の間には三途の川が流れていて、死者は川を渡って彼岸に行くと考えられているそうです。

彼岸は真西の方向にあるとされ、ちょうど春分には太陽が真西に沈みます。

そこで、太陽が沈む真西を拝んでご先祖様をしのんだのが彼岸のお墓参りの始まりといわれています。

春分の日の食べ物(お彼岸のお供え物)

おはぎ

お彼岸の時期のお供え物としてはぼた餅とおはぎが定番ですね。

江戸時代に、お彼岸や四十九日の忌明けに食べる風習が定着したのが由来といわれています。

小豆の赤色には、災難が身に降りかからないようにする厄除けの効果があると信じられていました。

古くから邪気を払う食べ物としての信仰が、先祖の供養と結びついたと言われています。

ぼた餅とおはぎの違い

呼び名は違いますが、実は、基本的に同じもの。違うのは食べる時期だけです。

ぼた餅は、牡丹の季節、春のお彼岸に食べるもの。

あずきの粒をその季節に咲く牡丹に見立てたものです。

一方、おはぎは、萩の季節、秋のお彼岸に食べるもの。

あずきの粒をその季節に咲く萩に見立てたものです。

本来は、春は「ぼたもち」、秋は「おはぎ」と使い分けるべきものなんですね。

お店や地域によって、つぶあんとこしあん、もち米とうるち米、突き方の違いなど様々あります。

しかし、呼び名は、年中「おはぎ」で通すお店が圧倒的に多いようです。

さいごに

今回は、春分の日の決め方やお彼岸に墓参りをする意味、彼岸の食べ物など調べたことをまとめてみました。

国民の祝日である春分の日を国立天文台が決めているなんて、なんだか意外な気がしますね。

大人になると「春分の日=祝日」というよりは「お墓参りにいく日」のイメージが強くなりました。

ちなみに、地元で彼岸といえば「お団子」をお供えするのが一般的。

私が子供のころには手作りするのが普通だったように思います。

だんご粉で生地を作って餡を入れて包み、お湯でゆでるというもの。

今は、手作りすることもなくスーパーで販売される彼岸団子ばかりです。

関連記事
二十四節気 啓蟄はいつ?雛人形を片付ける日は啓蟄がベスト?
二十四節気 清明はいつ?期間や意味を紹介

[PR]


-季節の話題
-, , ,

Copyright© 八福|50代女性のお役立ちブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.