50代からの美容・健康の悩み改善に役立つ商品と体験談を紹介しているブログです

八福|50代女性のお役立ちブログ

季節の話題

2019年の八十八夜はいつ?意味や由来、茶摘みとの関係を紹介!

更新日:

茶畑

「八十八夜」といえば、茶摘みの歌を思い浮かべる人は多いと思います。

しかし、八十八夜とはいつなのか?
茶摘みとは、どんな関係があるのか?

と、いうことについては意外と知られていないかもしれませんね。

今回は、八十八夜の意味や茶摘みとの関係、縁起が良いといわれる一番茶などについて紹介します。



八十八夜とは、いつ?

お茶の葉

2月の立春から数えて88日目(立春の87日後の日)。

毎年、5月2日頃になりますがその年によって日にちが変わります。

2019年は、5月2日が「八十八夜」にあたります。

ところで「雑節」という言葉を聞いたことはありますか?

雑節は、日本独自の季節の節目のことです。

二十四節気と七十二候を補うものとして日本の風土を掲げているんですね。

八十八夜は、その雑節のひとつになります。

その他にも、雑節には、節分・入梅・半夏生・二百十日・土用・彼岸などがあります。

春から夏に移り変わる節目の日、夏の準備を始める日といわれています。

二十四節気とは?季節の節目の意味を簡単に紹介!
七十二候の読み方は?意味や二十四節気との関係を紹介
日本独自の雑節とは?二十四節気以外の季節の変わり目はいつ?

八十八夜は、どんな意味?

その名の通り、立春の日から「88日目」であることから名づけられました。

では、どうして88日目をこのように呼ぶようになったのでしょう?

理由は、この頃がタネまきや田植えの準備、茶摘みなど春の農作業を行う時期であることに関係があります。

八十八夜を迎える頃は、天候も安定して霜が降りる心配はないとされていました。

しかし、寒い地方では「八十八夜の別れ霜」「八十八夜の泣き霜」などといわれるように、遅霜が発生する時期でもあったのです。

農作業を始めた後に霜が降りると、農作物は大きな被害を受けてしまいますよね。

霜の被害に注意を促すために「八十八夜」という雑節が作られたといわれています。

八十八夜と茶摘みの関係

茶摘み

お茶の葉は、一度でも霜に当たると駄目になってしまいます。

茶の葉が凍霜害にあうと、収量は大幅にダウン。

その年の生産に大きな打撃を受けることになってしまうとか。

そんなことからも、霜が降りる心配がない八十八夜の頃が茶摘みをする時期の目安になっているのかもしれませんね。

ただし、実際には茶産地の温暖差によって茶摘みの時期は異なるそうですよ。

唱歌「茶摘」の中に
「夏も近づく八十八夜~~あれに見えるは茶摘みじゃないか♪」という歌詞がありますね。

八十八夜といえば、茶摘みが連想されるのは、この歌の影響も大きいのかもしれません。

【縁起のよい八十八夜新茶】

一番初めに摘まれた緑茶は「新茶」「一番茶」と呼ばれ特別なものとして扱われてきました。

初物・旬のものを食べると福が来ると言われています。

ですから初物の新茶は福を呼ぶ縁起物。

しかも、新茶の時期の八十八夜は、末広がりの「八」が重なるので、さらに縁起がいいですね。

昔から、新茶を飲むと一年間無病息災で過ごせる言われています。

しかし、新茶が注目される一番の理由は、旬の美味しさが味わえることでしょう。

新茶には、うまみ成分成分「テアニン」が豊富。
渋み成分「カテキン」「カフェイン」が少ないという特徴があります。

新緑のような爽やかな味と香りは、この時期にしか楽しめません。

八十八夜の意味まとめ

霜が降りる心配がなくなる八十八夜はガーデニングや家庭菜園を楽しんでいる人にとっても大切な時期ですね。

鉢植えを屋外に出したり、タネまき、苗の植え付けなどいろいろな作業で忙しくなる時期。

夏も近づき、汗ばむような陽気の日もあります。

一休みするときに、新茶を楽しんでみてはいかがでしょうか。

関連記事
二十四節気 穀雨とはどんな時期?意味や季節の行事を紹介
二十四節気 清明はいつ?期間や意味を紹介

[PR]


-季節の話題
-, , ,

Copyright© 八福|50代女性のお役立ちブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.