50代からの美容・健康の悩み改善に役立つ商品と体験談を紹介しているブログです

八福|50代女性のお役立ちブログ

季節の話題

土用とは何?2018年 土用の期間と意味・由来

投稿日:

土用ウナギ

土用といえば、夏の土用の丑の日を思い浮かべるのが一般的ですね。

でも、土用というのは季節の変わり目、つまり年に4回あるんですよ。

同じように土用の丑の日も夏だけではありません。春にも秋にも冬にもあります。

今回は、知っているようで実は知らない「土用」の期間や意味・由来、土いじりは禁忌といわれる理由を紹介します。



土用とは何?意味・由来

土用(どよう)とは、簡単にいえば季節の変わり目の期間のことをいいます。

「雑節」といって、二十四節気と七十二候を補う日本独自の節目のひとつなんですね。
他の雑節には節分、彼岸、八十八夜などがあります。

日本独自の雑節とは?二十四節気以外の季節の変わり目はいつ?
二十四節気とは?季節の節目の意味を簡単に紹介!
七十二候の読み方は?意味や二十四節気との関係を紹介

土用は中国の陰陽五行説に由来しています。

万物は木、火、金、水、土の5つの組み合わせという考え方が五行説になります。

・木は、植物のような発育伸長する勢いある傾向
・火は、勢いが頂点に達し燃え盛る性質
・金は、熱や勢いが衰え凝縮・固化しつつある状態
・水は、凝縮しきってエネルギーを秘めつつ静的に留まった状態

五行説を4つの季節にあてはめようとすると、どうしても1つ余ります。

・春-木
・夏-火
・秋-金
・冬-水

なので、各季節の変わり目に「土」をあてはめました。

もともと「土旺用事」と言われていたものが、略されて「土用」になったといわれています。
 
※土旺用事は「土が旺(さかん)になり用事(働き、支配)する」
 つまり、土がもっとも働く時という意味です。

2018年、土用の期間

冬土用:1月17日~2月3日
春土用:4月17日~5月4日
夏土用:7月20日~8月6日
秋土用:10月20日~11月6日

立春・立夏・立秋・立冬の前の18日間が土用の期間です。

最初の日を「土用の入り」、最後の日を「土用の明け」といいます。

土用の明けは、立春・立夏・立秋・立冬の前の日、つまり節分です。

節分とは?由来や意味を簡単に紹介

土用の丑の日はウナギ!の由来

土用といえば「土用の丑の日(どようのうしのひ)」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

ちなみに、土用の丑の日とは、土用の期間にくる丑の日(各日に子、丑、寅…の十二支を当てはめたもの)のことです。

上記で紹介したように、土用は各季節に1回ずつあります。
そして、土用の丑の日は年に平均すると約6日あるそうです。

ですが、夏の土用の丑の日を、土用の丑の日と呼ぶのが一般的です。

ウナギを食べる日として有名なことが「土用の丑の日は夏」というイメージになっているのかもしれませんね。

この日にウナギを食べる習慣ができたのは、江戸時代に平賀源内がウナギを売るために作ったキャッチコピーが由来といわれています。

また、夏の土用の期間を暑中と呼び、暑中見舞いを出す時期になります。

土用に土いじりは禁忌?

陰陽道で「土」は「土公神(どくしん・どこうしん)」と言って、土をつかさどる神をあらわします。

土公神は、土用の期間中は土にいます。

土を動かすことを嫌うため、土いじりや穴掘り、農作業、工事など、土に関わる作業を慎まなければならない、とする習慣がありました。

とはいえ、土用は約18日間あります。
その間、土いじりができなければ農作業もできませんし、工事もすすまなくて困ってしまいますよね。

そこで「土公神」が土を離れる「間日(まび)」が決められています。
この時は土木工事をしても問題ないとされています。

土用まとめ

土用波

ウナギを食べるくらいで、特に行事・風習はないと思っていましたが…。
土いじりは禁忌というのは意外でしたね。

夏の土用は、暑中見舞いを出す時期。
夏の土用に、発生する大波のことは土用波(どようなみ)。

というのもありますね。

特に、土用波の最盛期の時期に台風がくると大きな被害が予想されるので注意が必要になってきます。

季節の変わり目は体調を崩しがちです。

土用を、無理をしないで体調を管理する、身を謹んで静かに過ごす期間とした昔の人の知恵を取り入れてみるのもよいかもしれませんね。

参考サイト
tenki.jp
暦計算室|国立天文台
土用|ウィキペディア

[PR]


-季節の話題
-, , ,

Copyright© 八福|50代女性のお役立ちブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.