50代からの美容・健康の悩み改善に役立つ商品と体験談を紹介しているブログです

八福|50代女性のお役立ちブログ

季節の話題

二百十日は台風がくる日!?雑節「二百十日」の意味・由来を紹介

投稿日:

強風・野分

台風シーズンを迎えると「二百十日」や「二百二十日」という言葉を耳にすることが増えますね。

二百十日と二百二十日は、いつから数えた日数なのでしょうか?

また、どのような意味・由来があるのでしょうか?



二百十日と二百二十日の読み方や意味

二百十日は「にひゃくとおか」
二百二十日は「にひゃくはつか」と読みます。

彼岸や土用などと同じ雑節のひとつです。

日本独自の雑節とは?二十四節気以外の季節の変わり目はいつ?

「二百十日」は、立春から数えて210日目の日だということから名付けられたものです。

同じような名前の暦日としては「八十八夜」や「二百二十日」があります。

【なぜ、立春から数えるの?】
二十四節気で「立春」は新しい一年が始まる年とされています。

そのため、立春から数え始めるという訳です。

2018年の二百十日・二百二十日はいつ?

毎年9月1日頃にあたります。

2018年の二百十日は9月1日です。
二百二十日は9月11日です。

二百十日・二百二十日の意味

稲の穂

この日から10日後の二百二十日にかけては季節の変わり目。
暴風雨や台風が多くやってくる時期とされてきました。

この頃は稲が開花する重要な時期ですが、台風がもたらす雨や風により、稲は大きなダメージを受けます。

農家では「二百十日」と「二百二十日」を厄日として、特に二百十日の前七日間を「前七日」と言って用心してきました。

【野分(のわき・のわけ)】
二百十日から二百二十日頃に吹く強風を野分と呼びます。
野の草を分けて吹きすさぶ風ということから名付けられました。

【農家の三大厄日】
台風シーズンには、嵐に注意する日が3つ集中します。
そのため農家の人達は「二百十日」「二百二十日」「八朔」を「三大厄日」として恐れていました。

ちなみに、八朔(はっさく)は旧暦の八月一日(朔日)のことです。

二百十日と二百二十日の行事・お祭り

昔は、大風は風の神が起こすものだと信じられていました。
人々は風の神様をまつり、風を鎮めるために神に祈ってきたのです。

「風祭り」「風祈祷」「風日待ち」などの祭りや行事が全国各地に残っています。

奈良県の龍田大社「風鎮大祭」
兵庫県の伊和神社「風鎮祭(油万灯)」
熊本県阿蘇神社の「風祭」
富山県の「おわら風の盆」
新潟県の弥彦神社の「風神祭」

二百十日と防災の日

防災グッズ

9月1日は「防災の日」です。

この日が「防災の日」として定められた理由は、大正12年(1923年)9月1日に発生した関東大震災に由来しています。

二百十日とは関係がないのですが、偶然同じ日になることもあります。

「災害への備えを怠らないように」との戒めも込められているのでしょう。

二百十日まとめ

昔は台風が来る日を事前に知ることは難しかったため、秋に訪れる台風は今以上に恐ろしい存在でした。

収穫前に台風がやってくれば、その年1年の努力が水泡に帰すことすらあるわけですから当然ですよね。

「二百十日」は、台風への備えをしようと注意を促すための昔の人の知恵だったといえるのでしょう。

現在では、台風がやってくる時期は数週間前からでも、かなり正確に予測できるようになりました。

台風による被害も昔に比べれば少なくなってきているのかもしれません。

とはいえ、予想外の大雨・強風に見舞われることは増えているように感じられます。

自然災害は防げませんが、事前に備えをすることで被害を最小にすることはできます。

「防災の日」「二百十日」をきっかけに、災害に対する備えを確認しておきたいですね。

関連記事
二十四節気とは?季節の節目の意味を簡単に紹介!
七十二候の読み方は?意味や二十四節気との関係を紹介
節句とはいつ?五節句の意味・行事・風習を紹介

参考サイト
tenki.jp
暦計算室|国立天文台

[PR]


-季節の話題
-, ,

Copyright© 八福|50代女性のお役立ちブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.