50代からの美容・健康の悩み改善に役立つ商品と体験談を紹介しているブログです

八福|50代女性のお役立ちブログ

健康

寒暖差アレルギー・寒暖差疲労とは?症状・治し方・対策を紹介!

更新日:

寒暖差アレルギー

寒暖差アレルギーや寒暖差疲労は寒暖差が激しい季節の変わり目に起こる可能性が高い症状です。

自律神経の乱れが主な原因といわれています。

今回は、寒暖差アレルギーや寒暖差疲労の症状・治し方・対策を紹介します。

寒暖差疲労チェックリストもありますので不調の原因が寒暖差によるものか判断する参考にしてください。



寒暖差アレルギーの症状と治し方・薬

鼻炎

寒暖差アレルギーとは

正式な病名は「血管運動性鼻炎」と言います。

「アレルギー」という言葉が使われていますが実際にアレルギーを引き起こす物質があるわけではありません。

【代表的な症状】
・朝方や外出したときに、くしゃみや鼻水がよく出る
・季節の変わり目は、頭痛や鼻づまりに悩まされやすい
・透明の鼻水が出る
・熱はないのに風邪のような症状が続く
・花粉症ではないのに、鼻がムズムズする
・目のかゆみや充血は、なし

寒暖差アレルギーの原因

季節の変わり目である春や秋は、朝晩の気温差が激しい時期ですね。

また、夏や冬は、屋内と屋外の気温差が激しい時期といえます。

このように、寒暖差(気温差)が激しすぎると自律神経が乱れ、体の調整機能がうまく働かなくなります。

そのため鼻の血管が過敏になってしまい、鼻炎の症状が起こってしまうというわけです。

もともと、アレルギー性鼻炎の人は寒暖差アレルギーの症状も強く出やすくなるといわれています。

寒暖差アレルギーの治し方

病院での治療は、アレルギー性鼻炎とほぼ同じです。

抗アレルギー薬や漢方薬などの内服薬、点鼻薬などを使います。

市販の点鼻薬でもある程度症状を抑えることはできます。

しかし、血管収縮薬の使いすぎには注意が必要。

使用前よりかえって粘膜が腫れてしまう副作用があります。

また、眠くなる成分が入っているものもあります。

日常生活で気を付けたいこと

寒暖差アレルギーは、気温差が7℃以上あると発症しやすいと言われています。

服装に気を使うだけでも、体感温度差をなくすことができます。

薄手のカーディガンなど羽織れる上着をバッグに入れておくのもおすすめ。

外出先でも気温に合わせて脱ぎ着できるので便利です。

冷え込む時間帯に外出する際はマスクで冷気を遮断するのも予防になります。

食生活や生活習慣の見直しも大切です。

アルコールの飲み過ぎや喫煙などは症状を悪化させてしまうので控えましょう。

寒暖差アレルギー

寒い時に鼻水が出るのは誰にでも起こることです。

しかし、つらい症状が長引く場合は無理をせず耳鼻科・耳鼻咽喉科を受診をしたほうがよいでしょう。

寒暖差疲労の症状と対策、チェックリスト

頭痛

寒暖差疲労とは

寒暖差によって体が疲労してしまうことを寒暖差疲労といいます。

もともと、人間の体には体温などの体内環境を適切な状態に調整する機能があります。

気温が一定のときは、この調整に消費されるエネルギーは少なくてすみます。

しかし、急に寒くなると体は熱を作ろうとしてエネルギーを大量に消費。

普段以上にエネルギーを使うため、疲労が蓄積してしまうのです。

寒暖差疲労の主な症状は、体の冷え、頭痛、めまい、食欲不振、気分の落ち込みなどがあります。

寒暖差疲労チェックリスト

寒暖差疲労チェックリスト

出典:NHKニュースウオッチ9

当てはまる項目が1つでもあれば要注意。
4つ以上当てはまると寒暖差疲労になりやすいといわれています。

寒暖差疲労の対策

・食事では冷たいものを避けて、常温以上のものを食べる
・ぬるい風呂(38℃~40℃)に、ゆっくりつかる
・外出する時は体温調節ができるよう上着を持ち運ぶ
・睡眠をしっかりとる

寒暖差疲労は自律神経を整えるツボで改善

寒暖差が激しい季節といえば、春や秋というイメージですね。

しかし、最近では一年を通して気温差が大きくなっています。

注意が必要な寒暖差は、5℃とも8℃ともいわれています。

症状の出やすさは、個人差も大きいかもしれません。

特に、女性や高齢者は筋肉量が少ないことから寒暖差疲労に陥りやすく注意が必要といわれています。

今回、調べてみて感じたのは、寒暖差アレルギーも寒暖差疲労も対策としては冷え性を改善する方法と共通する部分が多いということです。

日頃から体を冷やさないことを意識した生活が大切だなと思いました。

天気予報をこまめにチェックして、激しい寒暖差による体調不良のリスクを減らすようにしたいものですね。

【追記 2018/12/8】
テレビで紹介されていた情報が役立ちそうなので備忘録として追記します。

耳マッサージをすると寒暖差疲労など不調の改善に役立つそうです。

理由は、耳には多くのツボが集中しているので一度に多くのツボが刺激されるから。

やり方は、耳のふちを指で前後からはさみ、引っ張ったりまわしたりします。

耳たぶ、耳の上側、耳の穴近くなど耳全体を適度にマッサージしましょう。

ちなみに、2018年12月の激しい気温差は偏西風が蛇行していることも原因のひとつだとか。

エルニーニョ現象が発生したことも影響しているらしいです。
↓ ↓ ↓
エルニーニョ現象・ラニーニャ現象とは?日本への影響は?

関連記事
気象病とはどんな症状?対策は?天気の変化で起こる不調の対処法
気温差が体調不良を引き起こす!原因と回復方法
寒冷順化とは?寒さに慣れる方法ってあるの?
暑熱順化で熱中症対策!暑さに慣れる方法は?

[PR]


-健康
-,

Copyright© 八福|50代女性のお役立ちブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.