50代からの美容・健康の悩み改善に役立つ商品と体験談を紹介しているブログです

八福|50代女性のお役立ちブログ

健康

血圧サージとは?血圧が急上昇する原因・予防・対策を紹介!

更新日:

血圧計

血圧サージという言葉をご存知ですか?

NHKスペシャルやガッテン、林修の今でしょ!講座など多くの番組で取り上げられています。

今回は、2017年10月4日のNHKガッテン!で放送された血圧サージの原因と予防方法を紹介します。



血圧サージとは

普段は血圧が正常値の人でも、何かの拍子に急上昇し非常に高い数値になってしまう状態を「血圧サージ」と呼びます。

「サージ」とは波という意味で、急上昇する血圧のことをいいます。

高血圧は上の血圧が140mmHgを超えるときですが、血圧サージでは数値が180mmHg以上になることもあります。

ところで、血圧は、一日の中で常に変化していることをご存知ですか?

病院に行くと、なんだか緊張して血圧が上がる…、という人も多いですよね。

このようにストレスなどの精神的な理由のほか、喫煙や深酒など生活習慣によっても血圧は上昇します。

日常の動作でいえば、軽い運動をするだけでも10mmHgから20mmHgは普通に上がります。

朝起きるだけでも20~30mmHgの血圧の変化があるといいます。

日ごろの測定で正常値の人であっても、24時間で計測すると、突然、急上昇することが分かってきました。

そして、血圧サージがある人とない人では脳卒中の発生率が2.5倍も違うというのです。

自分の血圧は正常値だから安心というわけではありません。

血圧サージが起きる原因

血圧を上げる要因には、いろいろあります。
(個人差があるので、あくまでも目安の数値です)

・通勤  9㎜Hg
・コーヒー 8㎜Hg
・トイレのいきみ 12㎜Hg
・喫煙 21㎜Hg
・深酒 20㎜Hg
・緊張 20㎜Hg
・階段を大急ぎで上る 19㎜Hg
・寒さ 9㎜Hg

血圧の急上昇が起こりやすいのは、このような個々の小さな血圧上昇のタイミングが重なって起こると考えられています。

ちなみに「55㎜Hg」を超える急上昇は危険だそうです。

調査の結果、血圧サージは朝に起こりやすいということが分かっています。

例えば、寒い朝、寝過ごして急いで起きた場合はどうなるのでしょう。
・起床 20~30㎜Hg
・寒さ 9㎜Hg
・緊張 20㎜Hg

このように「55㎜Hg」を超える可能性が高くなります。

血圧サージを予防する方法

血圧サージは、複数の要因が組み合わさって起こる危険性が上がってしまいます。

予防するには「サージのピークを下げる」ことがポイントになるそうです。

日常生活では「ゆっくり起きる」ことも効果的といわれています。

また、血管を柔らかくすることも急上昇のリスク回避になるということでした。

血管を柔らかくするのに効果的な有酸素運動を取り入れたり、食生活の見直しを心掛けたいですね。

その他、ガッテンでは、様々な高血圧予防方法が紹介されました。

【ベルトを緩める】
腹部が締め付けられると血圧が上がってしまうことがあります。

きつくなったズボン、ベルトの締め過ぎ、女性の場合はきつい下着も要注意でしょう。

【スリッパをはく】
冷たい床に足が触れると血圧が急上昇することがあります。

スリッパをはくだけで予防になります。

【深呼吸をする】
一時的ですが血圧を下げる効果があります。

30秒で6回(5秒に1回)の深呼吸が効果的であることが分かっています。

緊張やイライラしたときにおすすめです。

血圧サージの危険度チェック!

年齢を重ねるごとに血圧は高くなっていくといわれています。

同時に、血圧の変動の幅も大きくなっていくのだそうです。

現在、正常値だからといって油断はできません。

血圧サージの危険度チェックするには、まず、自分の血圧を測ることが大切です。

寝る前と起床時、血圧を測ってみて55mg以上の差があったら病院で診てもらった方がよいでしょう。

血圧サージまとめ

今回、「血圧サージ」という言葉を耳にして最初に思い浮かんだ言葉が「血糖値スパイク」です。

血圧も血糖値も急上昇は危険という意味では共通ですね。

私の場合は低血圧だからと安心と考えていたのですが、これからは定期的に血圧を測るようにしたほうがよさそうです。

[PR]


-健康
-, ,

Copyright© 八福|50代女性のお役立ちブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.