50代からの美容・健康の悩み改善に役立つ商品と体験談を紹介しているブログです

八福|50代女性のお役立ちブログ

健康

ルテインとはどんな成分?目の健康維持に効果はあるの?

更新日:

目の健康によい成分といえばブルーベリーを思い浮かべる人は多いと思います。

そんな中、最近、注目されている成分がルテインです。

ルテインサプリメントCMはテレビでも、よく見かけますね。

50代以降、目の疾病が増えるのはルテイン不足が原因のひとつともいわれています。

ルテインとはどんな成分なのか、必要摂取量、多く含む食品、人気のルテインサプリメントを紹介します。



ルテインとはどんな成分?

ルテインとは、緑黄色野菜に多く含まれるカロチノイドと呼ばれる色素の一種です。

目の中の水晶体や網膜の黄斑部など人の体にも存在している成分です。

目の老化を引き起こす活性酸素を抑えたり、スマートホンなどの刺激が
強い光や紫外線を吸収したりと目を守る働きをしています。

もともと、人間の体に存在しているとはいえ、体内では合成できません。

50代以降は歳を重ねるごとに減少していきます。

高齢になるにつれて白内障や緑内障、加齢黄班変性といった
目の疾病が増えるのは加齢によるルテイン不足と関係があるといわれています。

ルテインは、健康のためにも積極的に摂っていきたい成分です。

ルテインを多く含む食品は?

にんじん、ブロッコリー、かぼちゃなどの緑黄色野菜や
卵黄などの食品に多く含まれています。

脂溶性の成分なので脂質と一緒に摂るとルテインが油に溶け込み、
吸収が良くなると考えられています。

効率的に摂るには油を使った料理にするとよいでしょう。

ルテインの必要摂取量は、1日に6mg以上摂ることが望ましいとされています。

病気予防を目的とするなら10mg程度摂取したほうがよいといわれています。

十分な量のルテインを野菜から摂取するには、にんじんでは10本以上、
ほうれん草でも4株以上を食べる必要があります。

食品だけで必要量をとろうとするのは現実的とはいえません。

不足分は、サプリメントで補うとよいでしょう。

ルテインサプリメントのおすすめは?

小林製薬、やずやなど多くのメーカーから販売されています。

サプリメントを購入するときは、値段の安いものから選びたくなるもの。

しかし、効果を実感するには含有成分と含有量を確認することが大切です。

サプリメントの原料になるのは主にマリーゴールドの花弁から抽出されるルテインです。

ルテインサプリの中には「マリーゴールド抽出物○○mg」と記載されている商品があります。

しかし、原料ではなく摂りたい栄養素の成分量がきちんと明記されているサプリメント、
つまり、ルテインとして何mgあるのか分かるものを選びましょう。

カロテノイドのひとつであるゼアキサンチンと一緒に摂るとより効果を発揮します。

ですから、ルテインだけが配合されたものよりは、ゼアキサンチンも一緒に配合
されているサプリメントを選ぶとより高い効果が期待できます。

また、ビルベリーのエキスであるアントシアニンは、
ルテインを体の隅々まで運ぶ役割をもっています。
一緒に摂取すると吸収率が向上するといわれています。

ルテインまとめ

・目の健康を守る成分
・体内では合成できない
・50代以降は年齢を重ねるごとに減少
・ルテイン不足は目の疾病と関連がある
・食品では必要摂取量を摂るのは難しい
・不足分はサプリメントで補うのがよい
・ゼアキサンチンとアントシアニンも配合されていると吸収率が向上

関連記事
「めなり」は効かない?実際に試した効果を紹介!

[PR]


-健康
-, , ,

Copyright© 八福|50代女性のお役立ちブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.