50代からの美容・健康の悩み改善に役立つ商品と体験談を紹介しているブログです

八福|50代女性のお役立ちブログ

健康

簡単な老眼チェック方法!自分で老眼なのか確認する方法と対策を紹介!

投稿日:

老眼

老眼の症状が表れ始め、字を書いたり新聞を読んだりと
手元を見る時にピントが合わなくなりました。

老眼の症状を軽減するために、出来ることは何なのか調べたことを紹介します。



老眼をチェックする前に|老眼とは?

老眼の症状は、水晶体が加齢によって硬くなることで起こります。

ピントを調節している毛様体筋という筋肉が、がんばっても調節できなくなってしまうのです。

そのため、近くのものが見えにくくなる状態が続くようになります。

老眼は、老化現象なので誰にでも起こります。

早い人では40歳前後から。

平均で45歳くらいになると見え方に変化が起きるそうです。

その後、老眼は進み、視力が安定するのは60歳前後といわれています。

老眼状態を長い時間放置していると、肩こりや頭痛などの症状が起こることもあります。

簡単な老眼チェック方法

老眼鏡

老眼を簡単にチェックする方法を紹介します。

目のピントが一番近くで合う場所を近点、遠くで合う場所を遠点と言います。

この近点~遠点の間が、見えている場所になります。

老眼で問題になる、一番近くで目のピントが合う場所、近点を知るには、
人差し指を目の前に置き、手前から、どんどん遠ざけていきます。

そうすると、人差し指の指紋が見える場所、そこが近点です。

この近点は、目安として、

・10歳 8cm
・20歳 12cm
・30歳 14cm
・40歳 20cm
・45歳 40cm
・50歳 67cm
・60歳 200cm

上記の一番近くで目のピントが合う場所が30cmを越えると、
日常生活で近くが見えづらいと実感し、老眼と呼ばれるようになります。

老眼の予防や改善方法は?

【眼精疲労】
眼精疲労は、老眼の進行を早める可能性があるそうです。

スマホ老眼という言葉もありますね。
パソコンやスマホなどで眼は酷使されています。

定期的に眼を休ませる、時々遠くを見る、温かいタオルを眼にあてて眼の疲れを取る、などが必要です。

【眼に良い食べ物】
眼に良いとされている栄養素、食品を積極的に摂るようにしましょう。

アントシアニン・・・ブルーベリー、黒豆、赤ワイン、あずき
ルテイン・・・  ほうれん草、ブロッコリー
コエンザイム・・・イワシ、サバ、ウナギ、豆製品
ビタミンA・・・  ニンジン、小松菜 、ほうれん草、うなぎ、レバー
ビタミンB1・・・ ビール酵母、豆類全般、玄米、ごま、小麦胚芽、かき
ビタミンB2・・・  納豆、うなぎ、ネギ、舞茸、ひじき、干し海苔
ビタミンC・・・  じゃがいも、さつまいも、アセロラ、ピーマン、ほうれん草
ビタミンE・・・  うなぎ、ひまわり油、赤ピーマン、アボガド
コンドロイチン・・・オクラ、納豆、うなぎ、山芋、すっぽん

【老眼改善サプリ】
目のピント調節改善に効果が期待できるサプリメントを活用するという手もあります。

老眼が治るトレーニング本で老眼は回復する?

自宅で老眼対策をするなら、

老眼が治る・回復するというトレーニング本
見るだけで眼の疲れが取れたり老眼予防になるといわれる3Dアートの本

といった書籍を活用するという手もありますね。

でも、本当に効果があるのでしょうか?

たとえば、3Dアートの場合では、眼の周りにある筋肉を鍛えることが可能だといわれています。

見る時は、ただ絵の全体を見るのでなく、絵の1点を凝視して視点を分散させる見方をするそうです。

効果があるかどうかは個人差が大きいとは思いますが、

大切なのは、継続して実践するということかもしれませんね。

老眼チェックまとめ

老眼で不便なのは、本や新聞など近くのものが見えにくくなること。

かけているメガネを、いちいち、はずさなくてはならないのが面倒です。

そのせいで、最近は、読書の時間が減りましたし、趣味の手芸もいまひとつヤル気になれません。

老眼は治るということはないんですよね。

でも、生活習慣や食事などに気を付けることで、進行を抑制することはできるそうですよ。

老眼を自覚したら、年齢だからとあきらめず、改善する方法を試してみるのもよいかもしれませんね。

老眼になったのに、無理して見ようと無理を続けていると、
肩こりや頭痛などの症状が起こることもあるそうですから気を付けましょう。

正しい視力を確認するために、一度、眼科で診てもらうことをオススメします。

[PR]


-健康
-, , ,

Copyright© 八福|50代女性のお役立ちブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.