50代からの美容・健康の悩み改善に役立つ商品と体験談を紹介しているブログです

八福|50代女性のお役立ちブログ

健康

しもやけの治し方!足のしもやけ対処法と予防法

更新日:

しもやけ

しもやけというと、寒さが厳しい冬に出来るものというイメージがありませんか。

実は、春先に、しもやけになる人は少なくありません。

この記事では、「しもやけ」の治し方・対処法と予防法を紹介します。



しもやけの治し方|しもやけが春に多い理由は?

春先も、しもやけになりやすい要因は揃っています。

暖かくなってきたからと油断せず、しもやけにならないよう注意しましょう。

一般に、しもやけは、昼と夜の温度差が10℃以上あるとできやすくなるといわれています。

1日の寒暖の差が大きい春先は、まさに、その条件にあてはまりますね。

そのうえ、エアコンなどの暖房設備が整っているので、室内と室外の温度差も大きくなりがちです。

また、しもやけは冬の氷点下のときより、気温が3~5℃のときにできやすいといわれています。

春になり、暖かくなってきたとはいえ、夜は冷え込むことも多い季節。

現在、しもやけに悩まされている人はもちろんですが、まだ、しもやけができていない人でも、油断は禁物ですね。

足指のしもやけ予防法|効果があったグッズと運動

しもやけの原因は、血行不良が原因のひとつ。

運動不足や寒さで血流が悪くなることで、しもやけができてしまいます。

予防するには足指の運動も効果が期待できますよ。

足指のグーパー運動

足の指をぎゅーっと握って、次におもっきり開くという簡単な動きを繰り返します。

足の指をこまめに動かすことが足先の血行促進につなり、しもやけが出来にくくなります。

マッサージ

マッサージは、しもやけを治す方法としても予防法としても効果があります。

毎日5分位、1日2回くらいマッサージして血の巡りをよくするのがよいといわれています。

乾布マッサージをする場合は、乾いた布やタオルを使って最低10分はマッサージを行い終わったら市販の薬を塗って温かくします。

レッグウォーマー

ふくらはぎは、筋肉が少ないわりに面積が広いので冷えやすい部分です。

なので、血液も末端の足先に届くころには冷たくなってしまいます。

ロングタイプのレッグウォーマーで温めることで、足指まで温かい血液が届き、しもやけが出来にくくなる効果が期待できます。

靴下に貼るカイロ

手っ取り早い対策としては、靴用カイロや靴下に貼るカイロ、冷えない靴下などを利用して冷えるのを防いでおくと良いです。

しもやけの治し方まとめ

しもやけは、出来てしまってからでは治りが悪いので、予防が大切だといわれています。

特に、湿って冷えるのが良くないそうです。

手袋や靴下を湿ったり、ぬれたりしたら、はやめに乾いたものにかえましょう。

水仕事で手を濡らしたあとは、乾いた布でよく拭くことも「しもやけ」を予防するためには大切です。

しもやけは、血行不良が原因なので、冷え性で足が冷えやすい人は、日頃から足が冷えないように気をつけたいですね。

私が実際に試して効果があったのは、足指のグーパー運動とレッグウォーマーの着用でした。

自分に合った方法で、しもやけ予防と対策をしていきましょう。

[PR]


-健康
-, , ,

Copyright© 八福|50代女性のお役立ちブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.