50代からの美容・健康の悩み改善に役立つ商品と体験談を紹介しているブログです

八福|50代女性のお役立ちブログ

スキンケア

日焼けでヒリヒリ痛い!肌が赤くなった時の治し方!

更新日:

日焼けを防ぐ

予想外に強い日射しで、うっかり日焼けをしてしまうことはありませんか?

顔は大丈夫だけど、首の後ろが日焼けしてしまったということもあるかもしれませんね。

この記事では、日焼けで痛くなったり、赤くなってしまったときの治し方を紹介します。



日焼けで痛い!赤い!は軽度の火傷と同じ状態

意外に思うかもしれませんが、日焼けは火傷の一種です。

ピリピリして赤くなるのは、表皮が炎症を起こした状態。
軽い火傷と同じです。

肌がヒリヒリして痛いときは以下の方法で対処しましょう。

【すぐに冷やす】
まずは、とにかく冷やしましょう。

・冷たいシャワーで冷やす
・薄手のハンカチなどで包んだ保冷材を当てる

火照りがおさまるまで冷やすことが大切です。。

【保湿する】
火照りが落ち着いたら、しっかり保湿をしましょう。

日焼け後の肌は通常より敏感になっています。
保湿化粧水、できれば刺激の少ない敏感肌用のものを使います。

化粧水がしみる場合は、肌をいためないようワセリンなどで保護します。

【水分補給】
日焼けの後は、肌だけでなく体内の水分も不足しています。

常温の水やスポーツドリンクなどを飲んでしっかり水分補給をしましょう。

日焼け後のスキンケア

日焼け後に気になるのは、シミやソバカス。

すぐにでも美白化粧品などでケアしたくなりますね。

しかし、日焼け後の弱った肌には、一部の有効成分が刺激となる場合があります。

日焼けから1~2日経って、完全に痛みや赤みが引いてから使うようにしましょう。

美白美容液やホワイトニングマスクなどの活用がオススメです。

最後に

つい、うっかり油断して日焼けしてしまった…ということは、よくあることですよね。

日焼けは、すぐのケアが決め手ですから、放置しないでアフターケアに万全をつくしましょう。

しかし、50代では、日焼けで生じたダメージを回復させるには非常に時間がかかるといわれています。

日傘や帽子、日焼け止めなどで、日焼けをしないように気を付けたいですね。

関連記事
日焼け止めで肌荒れするのはなぜ?原因と対策は?
日焼け止めの効果的な塗り方は?塗る順番と塗りなおす時間も紹介!
日傘のUVカット効果は何年続く?寿命の長い日傘の選び方
市販日焼け止めの人気商品は?敏感肌でも使えるのはどれ?【2018年版】
飲む日焼け止め!効果ほとんどないって本当?

[PR]


-スキンケア
-, ,

Copyright© 八福|50代女性のお役立ちブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.