50代からの美容・健康の悩み改善に役立つ商品と体験談を紹介しているブログです

八福|50代女性のお役立ちブログ

季節の話題

クリスマスツリーの日はいつ?クリスマスツリーの由来や飾りの意味を紹介!

投稿日:

クリスマスツリー

クリスマスツリーの日をご存知ですか?

クリスマスツリーの由来や飾りの意味、本物のモミの木の管理方法など、クリスマスに関する豆知識を紹介します。



クリスマスツリーの日はいつ?

クリスマス

「クリスマスツリーの日」は12月7日です。

日本初のクリスマスツリーが飾られたことが由来だといわれています。

1886年(明治19年)といいますから、もう130年以上も続いているというわけなんですね。

場所は横浜、外国人船員のために飾ったのだそうですよ。

12月に入るとデパートやショッピングモールなど街のあちこちでクリスマスツリーが飾られるようになりますね。

家庭でも飾り始める時期なので、クリスマスの準備を始めるちょうど良いタイミングといえるでしょう。

【12月7日が誕生日の有名人】
フィギュアスケートの羽生結弦選手や、俳優の香川照之さん、伊藤かずえさんなど。

クリスマスの飾りの意味


クリスマスリース☆楽天1位☆フロレアル NoelリースMサイズ※4色からお選びいただけます送料無料 2018 花 フラワー ギフト プレゼント クリスマス リース ご自宅 インテリア

クリスマスツリーと一緒にクリスマスリースを飾る家庭も増えてきましたね。

実は、クリスマスリースは単なる飾りではありません。

魔除け・豊作祈願・新年の幸福を願って玄関を飾るもので、宗教的な意味合いもあります。

日本でいえば、お正月のしめ縄と同じようなものといえるのかもしれません。

現代の日本では、宗教的な意味合いはありません。

クリスマスを楽しむアイテムのひとつとして飾られていることが多いです。

●クリスマスツリーのトップスター(星)
クリスマスツリーのてっぺんには、ひときわ大きな星が飾られています。

この星は「ベツレヘムの星」と呼ばれています。

キリストが生まれたとき、東の空に大きく輝き、東方の博士(賢者)たちをキリストのもとへ導いた星をあらわしています。

●クリスマスベル
クリスマスツリーの飾りの中にあるベル(鐘)の音は、キリストの誕生を告げ、知らせてくれるものといわれています。

●キャンドル(ろうそく)
キリストは「世を照らす光」と呼ばれています。
それをあらわすのがキャンドルだそうです。

クリスマスの飾りの意味を思いながらクリスマスツリーの飾りつけをしてみるのも楽しそうですね。

クリスマスツリーの由来

クリスマスツリーの由来は8世紀のドイツにさかのぼるといわれています。

当時のドイツには、ドルイド教団員(キリスト教に改宗する以前の古代ケルト族の僧・妖術師・詩人・裁判官など)と呼ばれる人たちがいて、オーク(木)を崇拝し、幼児犠牲を捧げていました。

伝説によると、イングランドからの伝道者であるボニファティウスがそれを止めようとしてオークを切り倒したときに一本のもみの若木に関わる奇跡が起こったのだそうです。

それを記念するためにドイツでは、もみの木をクリスマスに植えるようになったといわれています。

クリスマスツリーとして最初に飾ったのは16世紀、宗教改革で有名なマルティン・ルターだそうです。

イブの夜…帰り道にふと見上げると、もみの木の上で数え切れないほどの沢山の星が瞬いていました。

あまりにも素晴らしいその景色をなんとかして家族にも伝えたい!と考えたマルティンは、もみの木の枝にロウソクの火を灯して家族に見せた…というのが始まりといわれています。

クリスマスツリーには「もみの木」のような常緑樹を使います。

どんな季節でも緑の葉をもつ常緑樹は「永遠の生命の象徴」として崇拝され「希望の木」と考えられました。

本物のもみの木クリスマスツリーを来年も楽しむポイント


モミノキ/ウラジロモミ 樹高1.0m前後 露地苗

クリスマスツリーに使われる樹木といえば、もみの木、ドイツトウヒなどが有名ですね。

ツリーに使われる木にも、お国柄があります。

ヨーロッパ地方では主にトウヒが使用されているそうです。

ところで、もみの木をクリスマスツリー用に買ったものの、夏場の暑さを越せないで枯らしてしまった…という経験をお持ちの方は意外と多いそうです。

生木は作り物と違い、管理が必要ですよね。

生き物なので、適切な育て方をしないと枯れてしまうことだってあります。

しかも、毎年大きくなります!

でも、手がかかる生木だからこそ、育っていく様子を見るのが嬉しいということもあります。

本物のモミの木でクリスマスを楽しんだら、その後の水の管理など、しっかりポイントを押さえて来年もまた楽しめるように育てましょう!

【クリスマスツリーに使われるウラジロモミとは】

ウラジロモミは日本固有種のモミです。

耐久性に優れ病害虫もつきにくく、比較的育てやすい樹種とされています。

ウラジロと言われるのは葉の裏に白いスジがあるから。

地植えでも鉢植えでもどちらでも楽しむことが出来ます。

ただし、将来的に大きくなるので地植えするなら広い場所に植えることが大切です。

鉢植えする場合はなるべく大きめの植木鉢を準備しましょう。

●鉢の大きさの目安●
・1.0~1.2m前後 直径40cm以上
・1.5~1.8m前後 直径50cm以上
・2.0m 直径60cm以上

植え付け適期は11月~3月です。

育て方で気をつけたいのは暑さです。

針葉樹なので、寒さには強いのですが、夏の暑さには勝てません。

暑さプラス水切れで秋頃には枯れてしまうこともあるのです。

風通しが良く、半日陰~日なたで水はけが良い肥沃な場所で育てましょう。

鉢植えなら、夏の間は強い日照を避けられる場所に置くことが枯らさないポイントです。


【予約数は完売=キャンセル待ち】週間ランキング連続1位!クリスマスツリー 150cm 枝が増えた2018ver.樅 クラシックタイプ 高級 ドイツトウヒツリー オーナメント なし アルザス ツリー Alsace おしゃれ ヌードツリー 北欧 クリスマス ツリー

ドイツトウヒは、モミの木と共に、クリスマスツリーとして人気の樹木です。

耐暑性や耐寒性に優れて、ヨーロッパトウヒ、欧州トウヒとも呼ばれます。

モミの木に比べ生長は早いのが特徴です。


ゴールドクレスト ウィルマ(室内用) 7号 約1m 【農家直送・送料無料】【クリスマスツリー】【ラッピング・メッセージカード不可】【代引不可】

コニファー ゴールドクレストもクリスマスツリー定番の樹木です。

リフレッシュ効果、消臭・脱臭効果、抗菌・防虫効果があると言われています。

クリスマスが終わったらシンボルツリーとして、庭に植えるのもオススメですよ。

さいごに

クリスマスに関する豆知識を紹介しました。

甘いものが大好きなので、今年はどんなケーキにしようかとワクワクしている管理人です。

クリスマスシーズンは、イルミネーションが楽しみという方も多いのではないでしょうか?

子供が成人してしまうと、クリスマスツリーを飾ることがなくなって寂しくなりますね。

その代わりに、リースを玄関に飾って大人っぽいクリスマスの雰囲気を楽しむのもよいかもしれません。

家族や友人と楽しいクリスマスを楽しみましょう!

[PR]


-季節の話題
-, ,

Copyright© 八福|50代女性のお役立ちブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.