50代からの美容・健康の悩み改善に役立つ商品と体験談を紹介しているブログです

八福|50代女性のお役立ちブログ

健康

手の血管が浮き出る原因は?手のエイジングケアに役立つ簡単な方法

更新日:

手の血管(ハンドベイン)

手の甲の血管が浮き出て目立つのが悩みではありませんか?

顔にシミ・シワがなくても手の血管が目立つと実際の年齢より老けてみられてしまいます。

手のエイジングケア効果が期待できる方法をまとめてみました。

手の甲に血管が浮き出る原因

手の血管(ハンドベイン)

手は顔よりも早く老化する可能性が高い部位です。

水仕事をしたそのままの手で過ごしてしまうことはありませんか。

手の乾燥を放置することから老化は始まります。

手の血管が浮き出る主な原因は「老化」です。

①加齢による皮膚の老化

ハリや弾力の元となるコラーゲンやエラスチンは加齢とともに減少します。

減少により、肌細胞を作り出す力が衰え、皮膚は薄くなっていきます。

肌全体のふっくら感は失われてしまい、だんだんと肌表面に血管が太く浮き出ているように見えてきます。

②紫外線による皮膚の老化

「光老化」といって、紫外線を長年浴び続けることで皮膚はダメージを受け新陳代謝の働きが遅くなります。

手は最も紫外線を受ける部位。

光老化により皮膚の老化を加速させてしまうので結果として表皮が薄くなり血管が浮き出る原因となります。

新陳代謝が遅れると、メラニン色素が肌の内部に残ってしまいシミの原因にもなります。

③乾燥による皮膚の老化

乾燥は皮膚の老化を早めてしまい、手に血管が浮き出る原因となります。

【手に血管が浮き出る主な原因まとめ】
・加齢
・紫外線
・乾燥

ちなみに、10~20代から血管が浮き出ている人の場合は遺伝的な要因が大きいともいわれています。

浮き出る手の血管を目立たなくするセルフケアの方法

水仕事にはゴム手袋

原因は皮膚の老化ですから、完全に改善することはできません。

しかし、乾燥と紫外線の対策をすることで浮き出た血管を目立たなくできる可能性はあります。

ポイントは「とにかく手を乾燥させない」ということです。

手のエイジングケアだけではなく手荒れの予防にもなります。

日常生活では下記のことを心掛けるようにしましょう。

・水仕事(洗剤を使う)をする時、ゴム手袋をする
・水を使った場合、すぐにタオルで水分を拭き取る
・水を使った後は必ずクリームをつけて保湿をする

界面活性剤入りの洗剤は肌に必要な皮脂まで奪ってしまうので、手が乾燥しやすく肌荒れしてしまいます。

食器洗いやお風呂掃除をするときは、すべてゴム手袋着用で行うのがオススメです。

とはいえ、いちいちゴム手袋を着用するのは面倒という時もありますよね。

そんな場合は、水を使った後、こまめにクリームをつけて保湿と乾燥予防をしましょう。

さらに紫外線対策も重要です。

紫外線でも肌が乾燥してハリがなくなります。

日焼け止めを塗るのが良いのですが落ちやすいのでこまめに塗る必要があります。

また、日傘で紫外線対策をしていても手の甲まで紫外線を防ぐことはむずかしいでしょう。

そこでオススメなのがUVカット加工されている手袋です。

指先は血管が浮き出ることはありません。

手袋をすると指先が動きにくくて不便という人は指先のないものでも大丈夫です。

【まとめ】
・水仕事にはゴム手袋着用
・UVカット加工手袋や日焼け止めクリームで紫外線対策
・保湿クリームでスキンケア

手の甲のためのエイジングケアクリームでお手入れするのもオススメ。

ロート製薬からエイジングケアできるハンドクリームが販売されています。

ドラッグストアなどの店頭で試せるので便利です。

浮き出る手の血管対策は毎日のスキンケアが大切

手の血管(ハンドベイン)

手の甲の血管が浮き出て目立つと、人前に出すのも気がひけてしまいますよね。

今回は、手の甲の浮き出る悩みを改善する方法を紹介しました。

どの方法も簡単にできることばかりなので今日から実行してみてはいかがでしょうか。

効果を実感するためには毎日の手入れを怠らないことがポイントです。

顔のスキンケアと同じように地道にコツコツと続けましょう。

手が老けたように見えるのが悩みの方は専用のハンドクリームを使ってみるのもよいかもしれません。

ロート製薬のオーラザハンドは値段が手ごろなので試しやすいと思います。

[PR]


-健康
-

Copyright© 八福|50代女性のお役立ちブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.