50代からの美容・健康の悩み改善に役立つ商品と体験談を紹介しているブログです

八福|50代女性のお役立ちブログ

食べ物

ウイスキー・ブランデー・ワインなど、お酒と相性のよいチョコレートは?

更新日:

ワインとチョコレート

お酒とチョコレートは相性がよいことをご存知ですか?

チョコはそのまま食べても、もちろん美味しいですが、お酒と一緒だともっと美味しく食べられます。

ウイスキー・ブランデー・ワインとの美味しい組み合わせを紹介します。



チョコレートとウイスキーは相性抜群!

お酒とチョコ

相性が良い理由は、ウイスキーとチョコレートには、香りや風味に共通点が多いから。

チョコレートに合うウイスキーを見つけるには、チョコレートのタイプに合ったウイスキーを選ぶのがコツです。

例えば…

ミルク系チョコレートには滑らかで熟した甘みのあるウイスキー。

果実系チョコレートには果実のような芳醇な香りを持つウイスキーが向いています。

マリアージュを楽しむふたつのポイントを紹介します。

ウイスキーとチョコレートを合わせるタイミング

ビター型チョコレートと合わせる場合は、チョコレートを食べた余韻のある間にウイスキーを飲むのがおすすめ。

甘さ、苦み、酸味のバランスが整っているバランス型チョコレートやミルクチョコレートの場合は、チョコレートとウイスキーを口の中でミックスして味わいましょう。

ウイスキーの温度

ストレートなど常温の場合は、良質のカカオ豆の品質を最大限生かした製法の「ファインチョコレート」が向いています。

ロックなど冷たい温度の場合は、生クリームを使用した「生チョコ」を冷やして合わせるのが最適です。

ブランデーにチョコレートは定番の組み合わせ

ブランデーのおつまみと言えば、チョコレートが代表的。

ブランデーチョコレートという商品もあるくらい、チョコとブランデーは相性が良いです。

チョコレートにはブランデーをよりまろやかに感じさせてくれる効果があるんですよ。

カカオ濃度の高いビターなチョコレートがおすすめです。

チョコレートとワインとの相性は?

お酒とチョコレート

ワインとチョコレートには共通点があることをご存知ですか?

どちらにもポリフェノールが含まれているというところが同じです。

ワインには、渋みや苦みを与えるタンニン(ポリフェノール)が含まれています。

そして、チョコレートには、カカオポリフェノールが含まれています。

また、チョコレートは、カカオの含有率の違いやナッツ・ドライフルーツが入ったものがあります。

これらは、ワインの香りや風味の表現によく用いられるものだそうですから共通しているといえます。

このように共通している点が多いのでチョコレートとワインは相性が良いという訳なんですね。

ただし、チョコであればどれでも合うというわけではないようです。

ワインとチョコレートの相性といっても、それぞれ、いろいろな種類がありますよね。

ワイン:赤ワイン、白ワイン、ロゼワイン、スパークリングワインなど

チョコレート:ビター、ホワイト、ミルク、アーモンド、オレンジピールなど

どんな組み合わせがベストなんでしょう?

それぞれのワインに合うチョコを調べてみました。

赤ワインには、ミルクチョコ、オレンジピール入り、レーズン入りなどがあうといわれています。

また、渋みのある赤ワインにはビター味のチョコもオススメだそうですよ。

白ワインには、ビターチョコ、ナッツ入り、オレンジピール入り、レーズン、ストロベリー。

ロゼワインには、ナッツ入りやオレンジピール入り。

こうしてみると、オレンジピール入りのチョコは、どのワインとも相性が良さそうですね。

オレンジとチョコレートの絶妙なバランスが楽しめます。

さいごに

お酒と一緒にチョコレートを食べるのは大人ならではの楽しみですね。

自分にとってベストな組み合わせをみつけましょう!

関連記事
チョコレート ポリフェノールの効果とは?1日の摂取量目安量はどれくらい?

[PR]


-食べ物
-

Copyright© 八福|50代女性のお役立ちブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.