50代からの美容・健康の悩み改善に役立つ商品と体験談を紹介しているブログです

八福|50代女性のお役立ちブログ

健康

しもやけの症状・原因・治し方!「ふくらはぎ」を温めたら足指のしもやけが予防できた話【体験談】

更新日:

手のしもやけ

寒くなると手足の指先がかゆくなる「しもやけ」に悩まされることはありませんか?

最近は冬も暖かい環境で育ってきた人が増えてきたため「しもやけ」の症状がわからない人も多いそうです。

「しもやけ」について知っていれば対策もできますし予防することもできます。

今回は、症状と原因、治し方、予防方法について紹介します。



しもやけの症状と原因

手のしもやけ

「しもやけ」は、体の一部分の血行が悪くなり炎症が起こっている状態のことです。

専門的な用語では「凍瘡(とうそう)」といいます。

似た言葉に「凍傷(とうしょう)」がありますね。

凍傷は、冬山登山など短時間で急激な寒冷にさらされた場合におこる症状です。

凍傷になると皮膚の深い部分まで壊死が進んでしまい手足の指や鼻の先を失うこともあります。

症状

一般に、しもやけは冷えやすい体の末端部分、手や足の指にできることが多いです。

また、頬、鼻先、耳など外気にさらされている部分にできることもあります。

代表的な症状は、腫れとかゆみ。

人によっては次のような症状がでることもあるそうです。

・赤く腫れたところがムズムズしてかゆくなる
・ジンジンして痛みを感じる
・温めると痛みが強くでる

また、しもやけの状態で乾燥すると、ひび、あかぎれになってしまうこともあります。

症状が進むと、出血や痛みが激しく、かなり辛い状態になってしまいます。

原因

血行不良が主な原因です。

しもやけが出来やすい環境は気温が4~5℃で、昼と夜の温度差が10℃以上ある時期といわれています。

この温度差で毛細血管の調節がうまく出来なくなり、うっ血の状態(循環障害)になります。

うっ血の状態で手や足を濡れたままにしておくと、水分の蒸発とともに皮膚の表面から熱が奪われて冷え、しもやけになりやすくなります。

足のしもやけの場合は靴が原因となることもあります。

足を締め付けるような靴はもちろん、靴先が細かったりヒールが高く足先が圧迫される靴も、しもやけになりやすいので注意が必要です。

しもやけの治し方

足のしもやけ

【しもやけの対処法は3つ】
・しっかり温めて血行を良くする
・湿った状態にしない
・皮膚の保湿

自宅で血行を良くする簡単な方法を紹介します。

・40℃くらいのお湯と5℃くらいの水を用意する。
・しもやけの部分をお湯と水に1分ぐらいずつ交互につける。
・5回くらい繰り返す。

終わった後は水分をきちんと拭きとります。

しもやけ治療用の塗り薬をあわせて使ってもよいでしょう。

ユースキンAやユベラなどビタミンEが含まれている軟膏を塗って血行促進をはかることも効果があるといわれています。

市販薬を塗っても症状が改善されない時は、皮膚科を受診したほうがよいでしょう。

しもやけができやすい季節と予防方法

手のしもやけ

春なのにしもやけ

しもやけといえば冬にできるものというイメージがありますね。

実は、春先にできることが意外に多いのだとか。

どうして、春なのに、しもやけができるのでしょうか。

理由は、温度差にあるようです。

しもやけが出来やすいのは、氷点下のときより気温が3~5℃のときといわれています。

また、昼と夜の温度差が10℃以上ある場合もできやすくなります。

春先は、まさに、この2つの条件にピッタリとあてはまる時期なんですね。

エアコンなどの暖房設備が整っている現代は室内と室外の温度差が大きくなりがち。

しもやけに悩まされている人はもちろん、まだ、できていない人も春先は注意が必要というわけです。

予防方法

しもやけになってからでは治りが悪いので、寒さが本格的になる前、早めの時期から始めましょう。

しもやけの大きな原因は血行不良ですから、体を冷やさないことが大切です。

寒い時期の外出時には、手と足と耳も冷えないように対策をしましょう。

手袋をしたり、帽子をかぶるなど直接、寒さにさらされないように気をつけることがポイントです。

また、湿って冷えると、しもやけになりやすいということも知っておきましょう。

皮膚の上に水滴が残っていると気化熱で表面温度が奪われてしまうのです。

手袋や靴下をぬれたままの状態にしていると、しもやけを起こす可能性は高くなります。

雪の日はスペアを持って出かけるなどして、できるだけ早く乾いたものにかえましょう。

日常生活では、水仕事で手を濡らした後は乾いた布でよく拭くことも心掛けたいですね。

手足のマッサージは、しもやけの予防としても効果があるので毎日の習慣にするのがおすすめ。

毎日5分位、1日2回くらいマッサージして血の巡りをよくしておきましょう。

足先のしもやけ対策には、靴用カイロや靴下に貼るカイロ、冷えない靴下などを利用して足先が冷えるのを防いでおくのも良いでしょう。

【まとめ】
・外出するときは手袋、帽子を着用
・手袋や靴下がぬれたら早めに乾いたものと交換
・水仕事のあとは手をしっかりと拭いて水気を残さない
・手足のマッサージを毎日の習慣にする
・足先には靴用カイロなどを利用するのもオススメ

「ふくらはぎ」を温めて足指のしもやけ予防【体験談】

子供の頃から大人になった現在まで、毎年、しもやけに悩まされてきました。

しもやけ歴(?)、かれこれ数十年といったところでしょうか。

ところが「ふくらはぎを温める」ことで、しもやけが出来なくなったので備忘録として書いておくことにしました。

最初から、意識してふくらはぎを温めようと思っていたわけではありません。

きっかけは「冷えとり」でした。

冷えとり健康法といえば、靴下の重ね履きがよく知られていますよね。

常に下半身を温めることがポイントなのだそうです。

ということで、数年前からロングタイプのレッグウォーマーを使うようになりました。

寒い時期になると、日中はもちろん寝るときも着用しました。

その結果、冬になっても、しもやけが出来ないという嬉しい効果があったわけです。

足指のしもやけ予防にふくらはぎを温める理由

ふくらはぎは、筋肉が少ないわりに面積が広いので血液が冷たくなりやすいのだそうです。

レッグウォーマーでふくらはぎを温かい状態に保っていたことで、足先まで温かいままの血液が届き、足指のしもやけが予防できているということなのでしょう。

今まで、足指のしもやけ対策は足先を温めることを第一に考え、厚手の靴下に頼ってきました。

まさか、ふくらはぎを温めることが足先のしもやけ予防につながるとは思っていませんでした。

使用しているレッグウォーマーは、外側は綿、内側はシルクの二重編みになっているものです。

レッグウォーマーは、アクリルなど化繊でできた安価なものがたくさん出回っています。

しかし、寝るときなど素肌につけることもあるので天然繊維のほうがよいと思いシルク製を選びました。

使ってみると、肌触りがよいうえに、ずり落ちにくく締め付け感がありません。

素材が、シルクと綿なのでオールシーズン使えるのもメリットですね。

冬はもちろん、夏の冷房対策にも使えるので重宝しています。

足指のしもやけ予防にグーパー運動

足指のグーパー運動というのは、じゃんけんのグーとパーを足の指でやることです。

足の指の血流改善になるそうです。

ちなみに、足裏の筋肉を強くして外反母趾改善に効果があるということでも知られている運動だそうですよ。

足指が動かせる範囲が広がって指に力が入るようになるので、身体が安定してバランスの良い状態になるとか。

ちょっとした隙間時間に手軽にできるのがいいですね。

地味な運動といえますが、効果は大きいと個人的には感じています。

ロングタイプのレッグウォーマーと足指のグーパー運動で、足指のしもやけと完全に決別できるかも?などと思っています。

関連記事
キッチンに立つと足が冷える!足元の冷え対策におすすめの吸湿発熱靴下を紹介!
膝下が冷えて辛い!膝下が冷える原因と改善に役立つツボとグッズを紹介!
太ももを温めるグッズと筋肉を鍛えて温める方法!ダイエット効果が期待できる理由とは?
100均ミニ湯たんぽとエコカイロの持続時間はどれくらい?
充電式(蓄熱式)湯たんぽの使い方・寿命・捨て方は?実際に使ってみた感想も紹介!
湯たんぽの素材別の特徴と効果的な使い方!

[PR]


-健康
-

Copyright© 八福|50代女性のお役立ちブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.