【ペン字を独学で練習する方法3つ】上達を実感するまで時間がかかる理由とは?

独学でペン字練習

ペン字を独学で練習する方法を知りたい
自分一人で上達できるかな
挫折しないで継続するコツも知りたい

私と同じように一人でペン字練習をして挫折した経験がある人向けに

独学で練習する方法と継続のコツについて調べたことをまとめました。



ペン字を独学で練習する方法は3つ

ペン字練習帳
ペン字動画
ペン字無料サイト

独学で練習する方法についてそれぞれ詳しくみてみましょう。

①市販のペン字練習帳を使う

練習帳の選び方ですが値段だけで選ぶと失敗します。

理由は、練習帳によって手本となる字がまちまちだから。

自分好みの文字、真似したくなるような文字の練習帳が見つかれば継続できる可能性は大きくなります。

通販だと文字を確認できません。

書店で実際に手に取って字体(文字)を確認すれば買ってから失敗したということはないでしょう。

一冊を書き終わっただけでは練習量が足りません。

上達するには継続が大切なので次回も同じ著者の練習帳を選ぶことがポイントです。

手本をなぞり書きする練習帳

書家、中塚翠涛(なかつかすいとう)先生の
「30日できれいな字が書けるペン字練習帳」シリーズは2020年8月現在、累計400万部突破。

日本一売れているペン字練習帳といわれています。

「好みの文字といわれても分からない」
という場合は売れ筋の練習帳を選んでみるのもよいかもしれません。

練習帳シリーズは同じような名前なので一覧にしてみました。

30日できれいな字が書けるペン字練習帳:2009年12月4日発売
30日できれいな字が書ける大人のペン字練習帳:2010年12月4日発売
30日でくせ字がきれいになおる ペン字練習帳:2011年12月5日発売
30日できれいな字が書ける 筆ペン字練習帳:2012年11月14日発売
30日できれいな字が書けるペン字練習帳 童謡で楽しくつづる:2012年12月14日発売
30日できれいな字が書けるペン字練習帳 美文字を書くコツ:2014年11月14日発売
30日できれいな字が書ける 子どもの美文字練習帳:2016年3月22日発売
30日できれいな字が書けるペン字練習帳 横書きを美しく:2016年11月21日発売
中塚翠涛の30日できれいな字が書けるペン字練習帳 特別版:2018年12月25日発売
中塚翠涛の30日できれいな字が書けるペン字練習帳 持つだけでくせ字がなおる!美文字ペンつき:2019年8月2日発売

抜けているものもあるかもしれませんが、ざっと調べてみたら10冊もあるんですね。

※2009年など発売日が古いものは在庫がないかもしれません。

・手本をなぞり、手書き文字の練習ができる
・30日で効果が見える

「なぞり書き」はペン字の定番練習方法。

まずは、このやり方でじっくり学んでいくのもよいと思います。

美文字になるルールを覚える練習帳

DVD付きの練習帳で美文字になるルールを分かりやすく学ぶことができます。

じつはペン字は「これが正しい」という絶対的なルールはありません。

ただ、基本のルールやコツを覚えると短期間である程度ととのった文字を書くことができるそうです。

「なぞり書き」を試してみたけれど続けられないこともあります。

そんな場合は、違うタイプの練習帳を使ってみるとよいかもしれません。

②動画をみながらペン字練習

ひらがなやカタカタなどペン字上達に役立つ動画がYouTubeにアップされています。

力をいれるところ、ゆっくり書くところなど、ペン運びが見られるのは嬉しいですね。

個人的にはペン字教室の先生の動画がお気に入り。

疑問だったペン運びが手に取るように分かりました。

ちなみにペン字練習帳でも動画を見ながらかけるものが販売されています。
↓ ↓ ↓

③ペン字練習が無料でできるサイト

練習シートをダウンロードして印刷すれば無料のテキストになります。

できるだけ節約して練習したいという人に向いています。

独学でのペン字練習は上達を実感するまで時間がかかる

ペン字練習

自分一人でペン字を学ぶのは思い立った時にすぐに始められるのがメリットですね。

ただ、上達したという練習の効果を実感するのには時間がかかると思います。

私の場合、独学での練習は何度も挫折しているのはこのような理由からです。

・なかなか上達しない
⇒クセ字のどこを修正すればよいのか分からない
・達成感が感じられない
⇒モチベーションが維持できない
・少し上手く書けるようになると満足して練習しない
⇒添削がないから完全自己満足
・練習帳を1冊書ききった段階で、やる気がなくなる

ペン字を書く習慣を身に付けるところから始めよう

この記事では、独学でペン字練習をする方法について調べたことをまとめました。

「続けられるか分からない」という人は、
・お金がかからない無料サイト
・ペン字練習帳を使った方法
で始めてみるのがよいのかもしれません。

自分自身に関しては、まずは10分。

毎日の生活の中にペン字の練習をする習慣を取り込むことからはじめたいと思っています。

継続するコツはこちらの記事でも書きました。
>> 【ペン習字の練習】目標を設定することが継続のコツ!

独学は「このやり方でいいのかな?」と試行錯誤しながら練習するので効率的とはいえません。

ただ「今より少しだけキレイに書ける程度で満足」なら独学でもいいのかも。

「はやく効果を実感したい」
「効率的に練習したい」
という場合はさいしょから通信講座を選んだほうがよさそうです。

通信講座を選ぶ場合も練習帳と同じように「自分好みの文字」であることがポイント。

まずは無料の資料請求をして確認しましょう。
>> 日ペンのボールペン習字講座

とにかく上達するにはコツコツ継続するしかありません。

満足するレベルは人それぞれ。自分に合った方法をみつけましょう。

タイトルとURLをコピーしました